工場勤務を辞めたい…!工場勤めの仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

interior view of a steel factory,steel industry in city of China.

工場で働いているけど、

「もう工場勤めを辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる工場勤務の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの工場で働いている人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそも工場勤務の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる工場で働く人のために、

「工場勤務を辞めて他業種に転職成功した人」
「工場勤務のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

工場勤務を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_151482132_Subscription_Monthly_M

実際に「工場勤務を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
わたしは、工場の生産管理の仕事を5年間高専卒業後に勤めました。
製造業への就職は既定路線でしたが、業界として国内生産維持も難しく、いつ自分の職場がなくなってしまうのではないかという不安とここ1年はずっと葛藤してきました。

そんな時に転職のきっかけになったのは工場の倉庫管理、物流管理をお願いしている会社でした。
もちろん、工場が基本とはいえ、製造業以外の管理もあれば提案型の仕事もあります。

わたしのように高専卒の人間でも中途採用のワクがあるのかどうかヒヤリングしたところ、現場は人が足りないので大丈夫とのこと。
わたしもさすがにオフィスワークは今ひとつかなと思っていましたのでこれならと考えた次第です。
業界的にも、これからも間違いなく国内も現場を含めた仕事は続くこともわかっていました。
そこで思い切って倉庫管理をメインの職種で倉庫会社に転職の面談を受けることにしました。

転職するにあたり、転職エージェントを利用した事もあり、面談のコツを教えてもらいさほど苦しい面談もなく採用されました。
工場勤務で将来の転職をお考えの方、突然オフィスワークは厳しいと思いますが、わたしのように何らか現場がある仕事ならすんなり転職がうまくいく可能性があります。
あとはアンテナを高くして情報収集することが大事です。

30代/男性
工事勤務は二交代制の職場でした。
クリーンルームと言う完全に密封された状態で精密機器の部品を作っていく仕事でした。

具体的に言うと携帯電話の認識チップの製造をする仕事です。
何百人というスタッフが働いている大きな工場でした。
自分が働いていた頃は景気もよく、携帯電話もどんどん新しい機種が出ていましたので、常に残業するほど忙しかったし給与も良かったです。

しかし、製造業の精密機器の分野でも拠点を中国などに移し始めた時期でしたので、メーカーも安いアジアに工場を持つ会社にシフトしていきました。
そこで徐々に景気が悪くなり、パートや派遣社員の出勤が制限され始めました。

その後も仕事は減り続け、会社は合併し早期退職を募り半ば強引に首切りが始まりました。
自分も倒産したら退職金も出ないので早期退職しました。

しかし工場勤務はもうやりたくはありませんでした。
これからどんどんアジアに拠点がかわるのはわかっていたしたので、、、。
景気に左右される仕事はしたくないと思ったからです。

その後は退職金で専門学校に入り医療系の資格をとり修行期間を経て開業しました。
会社の歯車になるより自分で何かをやってみたかったからです。
色々大変ですが今は毎日が充実しています。

Arbeiter in der Fabrik
20代/男性
私は20代前半の時から、スーパーの精肉工場に勤務していました。
なんとなく「家から近いし、単純作業で楽そう!」みたいな軽いノリで面接を受け、即採用(笑)翌日からの勤務。
昼の時間帯も夜の時間帯も募集していて、私は「どうせ同じ時間働くなら給料が高いほうがいいじゃん!」と若かったということもあって夜勤勤務専門でした。

実際に勤務してみると本当に辛い、、、。
まず単純作業ですが、確かにコンベアから流れてくる肉をひたすら仕分ける簡単な作業。
でもこれを何時間も立ちっぱなしで寒い工場内でやるのはほんと辛い、、。

あと、仕分けた肉をまとめてバンジュウにつめて運んだり結構力仕事もあるんです。
いつも仕事が終わると身体がばっきばきでした。
あと私は工場内の機械音がなかなか辛かった。
耳が痛くなる金属の擦れる音がストレスでした。

そんなこんなでいつも体調が優れず、「これは早く辞めないと体がもたない」と、求職活動開始です。
スマホで転職サイトをひたすらめぐり、ピックアップ。
さらに口コミや、その業者の苦労する点などいろいろサーチしてから面接に挑み、今は音楽教室の受付事務をしております。

福利厚生も整っていて、無理な時間で働くこともなく本来のあるべき昼型の生活に。
給料は夜勤の工場勤務には劣りますが、今の仕事にはやり甲斐もあり心身ともに健康です!

20代/男性
私は大学を中退し、しばらくフリーターをした後に人材派遣の会社へ就職しました。
そこで紹介されるのは愛知県内ということもあり、TOYOTA関係の工場ばかり。
さらに仕事内容はだれでもできるような棚に車の部品を入れ続けるだけの作業。
まったくやりがいも無く、また周りにいる人間も自分の父親のような年の人ばかりでした。

そこで2年ほど仕事をしていたのですが、あるきっかけで転職を強く考えるようになりました。
そのきっかけというのは彼女ができたことです。
このままこの仕事をつづけていても給料はあがらず、ただ朝から晩まで安い給料で死んだように働き続けるだけでは、彼女と結婚したとしても安定した家庭を持つことなど到底できないと思い、転職を決意しました。

転職活動には、よく目にするリクルートエージェントを使用し、賃貸物件をお客様に紹介したり、土地や空き家を買い取ってリフォームし、新しいお客様に紹介するといった不動産関係の仕事に転職しました。
毎日まったく新しい出来事の連続で、工場で勤務していたころとは大違いの新鮮な毎日を送っています。

また、将来のビジョンも徐々に見えてくるようになってきました。
転職活動を行って感じたことは、自分がどんな仕事をしたいのか、その職場で自分が働いている姿を想像することができるか、その仕事で自分の力を発揮できるのかといった点を考え、あせらずじっくりと仕事を探すことが重要だと感じました。

20代/男性
私の知り合いの人ですが、今はその人は70歳の人です。
当時は30代ぐらいだったようですが、その人は工場で生産の仕事をしていたようです。

工場の仕事は給料も高くて、いい仕事だったようです。
人間関係もそこまで悪くはなかったようなのでいい仕事だったようですが、ある日作業をしている時に、自分の手が挟まり切断してしまったようです。

病院に行き、縫合してもらってなんとか手術は成功だったようですが、手は片方だけ無くなってしまいました。
利き腕の方ではない方が切断されたようですが、その後にその工場の仕事はやめて、しばらくどうしようか考えていたところ店で物を売る仕事に就いたようです。

手を切断しているので仕事は限られており、力仕事や飲食店での接客物を難しかったのでその仕事についたようです。
仕事を変えた後は、前の仕事の給料よりも稼ぎは減ってしまったようですが、ストレスは減り、作業もそこまで複雑で難しいものではなく、家族を養うだけの給料は稼ぐ事が出来たので、転職して良かったようです。

切断された当初は手の不自由を感じたようですが、年数が経つにつれて慣れてきたようで、今は本を読んだりする点では不自由さを感じないようです。
今でも不自由に感じる事はあるようですが、話を聞いてすごいなと思いました。

Industrial zone,The equipment of oil refining,Close-up of industrial pipelines of an oil-refinery plant.

実際に工場勤務からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 専門学校に入り資格を取る
  • 転職サイトを利用する
  • リクルートエージェントを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

工場勤務のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

工場勤務の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

工場勤務の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、完全無料で転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【機械・電気・電子業界の求人情報】
automobile-mechanic1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には数万件以上の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は「機械・電気・電子業界」のため、他業種や他職種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。