トラック運転手を辞めたい…!トラック運送の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Black and white portrait of a senior truck driver.

トラック運転手として働いているけど、

「もう運転手なんて辞めたい…。」
「肉体労働が体力的にきつい、しんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」
「将来が不安…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいるトラック運転手の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くのドライバーの人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそも運転手の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいるトラック運転手の人のために、

「トラック運転手を辞めて他業種に転職成功した人」
「ドライバーの仕事のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

トラック運転手を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「トラック運転手を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
私は34歳の男性でトラックの運転手を10年以上やってきました。
昔は荷物も少なく、個人の荷物があっても再配達を1回するだけで簡単に捕まりました。
しかし、最近はネットショッピングの普及もあり、個人の注文数が増加し荷物が急に増えました。
さらに再配達を複数回しても捕まらないことも多く、やっと捕まっても配達時間が遅いだとか、クレームを言われることが多くなりました。

このようなことが精神的に辛くなり転職を考えました。
いざ転職をしようとしたところ、私は今まで配達員や運転手しかやったことがなかったので、タクシーの運転手やバスの運転手などを考えました。
しかし、肉体労働への限界やホワイトカラーやデスクワークへの憧れもあり、大手の転職エージェントを利用し、ある企業の営業職に内定をいただき、転職することができました。

私は本来車の運転が好きで運転手になったのですが、営業職も意外と車を運転する機会があります。
そのため、車を運転できる環境にあるのでそこまでストレスを感じることはないです。

また、これまで携わったことのない商品の営業のため、覚えることも多いのですが、配達員の前職が全く生きないわけではありません。
例えば、この商品ってこうやって輸送されるんですとか、配達員にこう言っておけば安全に運んでくれますと言った裏話が受けることもあります。
今は肉体労働の職業から転職できて本当によかったと実感しています。

20代/男性
私は21歳の時から約2年ほどトラックの運転手をやらせていただいておりました。
仕事内容としましては、大きい倉庫に保管してある家具から日用品、家電や書籍等のリサイクル品を、各所に展開しているリサイクルショップへ運搬するという内容でした。

給料自体は当時の年齢で考えると多少多くはもらえていたかとは思います。
しかし、仕事がハードで、朝8時に出勤して2トントラックに重い家具や冷蔵庫などの家電をほとんど一人で積み込み、そこから店舗へ運び納品。
納品の際は店舗のスタッフさんが手伝ってくれることありましたが、基本は一人で行いました。

そしてお昼前に倉庫へ戻り、またリサイクル品を積み込み他店舗へ納品。
お昼ご飯は時間をとっていられないので、運転中におにぎり等食べやすいもので済ませていました。

午後も同じように納品と積み込みを孤独に繰り返し、業務終了は夜の10時です。
休みも週1回程度しかなく体力的にも限界でした。
家具はもちろん、家電などでも冷蔵庫などはかなり重いし商品ということもあり、気も使うので とても大変でした。
運転をしてる際も基本は一人なので、コンビニに買い物やトイレに行く際も気を付けなければいけませんでした。

ある日、運転中お腹が痛くなりどうしても我慢できなくなってしまいコンビニのトイレへ行きました。
その約5分の間に路駐したあったトラックが駐車違反で取り締まりを受けてしまいました。
私の勤めていた会社ではすべて運転手の責任となってしまうので罰金と点数減点です。
そういった肉体的疲労や精神的苦痛も重なって辞めさせていただくこととなりました。

肉体労働はもうしたくなかったので、知人が働いている会社を紹介してもらい、デスクワークの仕事に就くことができました。
もちろん大変なこともありますが、トラック運転手の時と比べると、肉体的にも精神的にも圧倒的にストレスがなくなり、転職して正解でした。

30代/男性
主人の話です。
もともと3トン半のトラックで市場や地元のスーパーマーケットを回る仕事をしていました。

働いていた会社は給料も良く、残業手当てまでついていたのでたくさん稼ぐことができました。
地元のスーパーマーケットでも元気よく挨拶する主人は、皆に顔を覚えてもらえて大変良くしてもらったそうです。
ドライブが趣味なこともあり、道を覚えるのが楽しいとも言っていましたし、会社の人たちとの人間関係もとても良好で、会社主催のバーベキューなどのお楽しみイベントも家族揃って参加させていただいたり本当に楽しかったです。

しかし、息子が大きくなるにつれて、残業ばかりで帰りが遅くなるので、息子とのコミュニケーションが取れないことを嘆いていました。
仕事だから仕方ないと言いつつも、幼稚園の親子イベントなどにも参加できないので、息子もさみしそうでした。
そこで、主人は理由を話し退社を願い出て、転職エージェントや転職サイトを利用して近くにあった産業廃棄物処理の会社を紹介してもらい就職しました。

朝は早めですが、仕事が終わるのが夕方ごろなので、帰って息子と遊べますし、何よりトラックを運転していたのでパッカー車に変わったところで、操作自体はそんなに難しくないようです。
しかもパッカー車に乗って回る先がほとんど前にトラックで回っていたところと変わらないようで、主人も「いまいち転職した気がしない」とぼやきつつも、毎日楽しんで働いています。
子供との時間を作れるようになって家族の絆がより強くなり今はとても幸せです。

実際にトラック運転手からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 知人に紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

トラック運転手として働くあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

トラック運転手が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

トラック運転手の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【建設・住宅・不動産業界の求人情報】
r-agent-hikokai1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は建設・住宅・不動産業界のため、他業種や他職種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。