タクシー運転手を辞めたい…!タクシードライバーの仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_119501952_Subscription_Monthly_M

タクシー運転手として働いているけど、

「もう運転手なんて辞めたい…。」
「肉体労働が体力的にきつい、しんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」
「将来が不安…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいるタクシー運転手の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くのタクシードライバーの人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそも運転手の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいるタクシー運転手の人のために、

「タクシー運転手を辞めて他業種に転職成功した人」
「ドライバーの仕事のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

タクシー運転手を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「タクシー運転手を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
これは私の友人の話になるのですが、彼は現在私と同い年で29歳で、今は証券会社の勤めています。
証券会社の前はタクシードライバーをやっており、その話をお話ししたいと思います。

彼は私と同じ大学を卒業してから、就職などもせず自営業で頑張っていく道歩み始めました。
最初のうちは、大学時代にためた元手を軍資金に事業を展開していましたが、ある時資金繰りが苦しくなったみたいで、何かバイトや仕事はないかと私に相談してきました。

私は、タクシードライバーが良いんじゃない?と勧めました。
理由は彼は車が好きで、運転技術も話し方も丁寧なので向いているのではないかと思ったからです。
そこの言葉に彼は最初戸惑いの表情を浮かべていましたが、やったことない世界なのでやってみようと決意したそうです。

すぐに採用が決まり、最初のうちは新人ドライバーとして必死に働いていましたが、次第に苦痛に変わっていったと言います。
なぜかというと、職場に同い年の人がほとんどおらず話題もかみ合わず、ノルマ制度もあり、ノルマをいかないと始末書を書かされるといった状態でひどく自信をなくしていたのです。

さすがにこれでは彼の身にならないと思い、私が使ったことのある大手の転職エージェントを紹介し転職を勧めました。
今では証券会社に転職してかなりの成果をあげているようです。

30代/男性
タクシーの運転手だった時の話を少ししようと思います。
今は39才なのですが、始めた当初の年齢が30代前半でした。
ですので、約8年ほどやっていたことになります。

最初は先輩と2人で夜中の稼働が多かったです。
それほど利用者が多くない地域のせいか、飲み屋街の近くで待つ形でした。
車は好きだったのですが、夜の酔っ払いや深夜稼働が耐えられなくて退社を決意しました。

男でも30代後半の就職先は中々難しいものです。
農業も考えましたが、これは老後に取っておこうと思いました。
そもそも、元手が乏しいというのもあります。
土地は借りれますが、やはり自分の土地でやりたいというのがありましたので。

そんな中、アミューズメント系の仕事を見つけました。
具体的にはゲームセンターのスタッフです。
こういった業種は主にアルバイトが多いイメージでしたが、 転職サイトで見つけた社員の募集がありました。
決め手は業務内容に機械修理という項目を見つけたためです。
何の資格もない人でも出来る機械いじり、これに引かれました。

今では夜もそれなりに遅いですし、動く仕事ですので大変です。
でも、動くことが自分に合っていたのか楽しくやれてます。
酔っ払いもたまにいますが、距離が数mは離れているという安心感があります。
転職して良かったと思える瞬間です。

最後に転職を考えている方たちへ。
自分の場合は、機械いじりが少し好きだったということに気付いて良い転職ができました。
今なにに不満があるのかとか、好きな事や出来ることは何なのかを見つめてみて下さい。

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M
30代/男性
タクシー会社に一般企業から35歳を機に転職して15年。
もともと苦手だった夜勤も含め頑張ってタクシーを転がしてきました。
しかしながら、もともと腰に不安を抱えていたので数年前から限界を感じ始めていました。

タクシーの運転手から経理や営業といった職種に異動できればよかったのですが、年齢的にも厳しいこともあり、自ら身を引く形でタクシー会社をやめることにしました。
そして、次の就職先で困りました。
年収的にはさほど大きなものを求める必要もなかったのですが、何しろ腰に爆弾を抱えているし、可能であれば事務職がよかったのです。

そこでもともと大学を卒業してから務めていた企業の子会社を紹介してもらうことにしました。
実際には倉庫の物流管理会社です。
特殊なスキルを必要とするわけでもないので、わたしのような当該業務初心者でもなんとかなるもの。
どちらかといえば、現場の方々とうまくやっていくためにはある程度年齢を重ねて、かつタクシーの運転手時代に培ったコミュニケーション能力をいかせる職種でした。

実際に倉庫を行き来する様々なお会社や運転手の方々とあれこれ議論しながら仕事を進める、そして倉庫を円滑に回すというのはなかなか楽しいものだと認識しています。

20代/男性
タクシー運転手をしている友人から聞いた話ですが、結婚して子供ができた際に転職を考えたそうです。

友人は20代でタクシー運転手を3年ほどやっていました。
タクシー運転手の仕事は勤務形態にもよるそうですが、基本的に拘束時間が長く、また深夜の仕事になることが多いそうです。
そのため、子育てを手伝うために子供との時間を作るために転職する人はたまにいるそうです。

友人の場合もそのパターンでした。
転職の際、初めはタクシー運転手で培った能力を活かした仕事に就きたいとして、秘書や会社付きの運転手を目指したそうですが、なかなかよい就職先が見つからず、最終的に自分の友人の場合は転職先は全く関係ない事務職に就きました。
その友人は転職活動の面接まではタクシーで行けるからお金的には楽だったと言っており、それいいんだろうかと思った記憶があります。

転職後に感じたこととしては、タクシー運転手を経て道に詳しくなったことはもとより、意外と受けが良いのが、安い昼食屋の場所情報やいろいろなお客さんの体験談だそうです。
タクシー運転手はその性質上かなり多くの人とかかわるため、いろいろなタイプの人に対する対応がうまくなるのは利点だったとその友達は話してくれました。
接客術を生かしてアパレルや飲食の接客系行けばよかったかもなとも言っていました。

30代/男性
過去に一時期タクシー運転手をしていた時期がありました。
実は私はそれまで金融系の営業の仕事をしていたのですが、毎日新規契約のノルマ・ノルマで息が詰まりそうになり、ノイローゼになりかけた時にたまたま求人雑誌でタクシーの募集広告をみて転職したのです。

その会社は最低給与が保障されていて、タクシー乗務員の必須資格でもある、二種免許取得のための費用も会社で負担してくれるということも大きな魅力でした。
しかも研修中も給与を支給してくれるというのです。

その後無事免許を取得し、業務を開始して2ヶ月後のことです。
それまで月収30万円ほどだったのが、なんと20万円ほどに下がってしまいました。
そう、実は30万円のうち基本部分は10万円ほどで、あとは歩合のような仕組みとなっており、それが2ヶ月は保証されていただけなのです。

20万円の歩合を手にするには当然40万円くらいは稼がなければならないため、20日間の稼働日で割ると一日2万円は稼がなければならず、客単価1000円とした場合、20人はゲットしなければなりません。
しかし、タクシー同士の競争も激しく、実際は一日平均10人も乗せれば良い方でした。

結局不安定なこの仕事にも見切りをつけることになり、その後、また求人雑誌で見つけた介護の仕事に就くことになりました。

Fotolia_123286996_Subscription_Monthly_M

実際にタクシー運転手からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 子会社を紹介してもらう
  • 求人雑誌を利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

タクシー運転手として働くあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

タクシー運転手が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

タクシー運転手の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【建設・住宅・不動産業界の求人情報】
r-agent-hikokai1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は建設・住宅・不動産業界のため、他業種や他職種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。