接客業を辞めたい…!接客・サービス業の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_130784152_Subscription_Monthly_M

接客業・サービス業で接客として働いているけど、

「もう接客業なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる接客業で働いている人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの接客業で働いている人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも接客の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる接客業で働いている人のために、

「接客業を辞めて他業種に転職成功した人」
「接客業のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

接客業を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_129048246_Subscription_Monthly_M

実際に「接客業を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
私は現在35歳男性で、ウェブデザイナーの仕事をしております。
学生時代は、某有名ファーストフード店で3年間アルバイトをし、大学卒業後は某自動車ディーラーで営業として働き、その後何度か転職をしましたが、約12年間、いわゆる接客業を中心に社会人生活を送ってきました。

性格は社交的とは言えず、本質では接客業は向いていなかったと思います。
ただ、学生時代に資格や専門知識を勉強した訳でもなく、就職氷河期といわれた時代の就職でしたので、学生時代に経験のある接客業を選びました。
前にも述べましたが、本質的に接客業はむかないため、人と接することに疲れ、いつも辞めたいと思っていました。

しかし話すこと自体は割りと得意で、営業成績も良い方だったので続けることができました。
成績が良いことが私の唯一の精神的支えであったため、いつしか「成績が悪化」=「体調が悪化」となってしまいました。

「社会人」の約3分の1を経過し、むかない仕事を続けるよりは、少し給料が下がっても「むいてそう」な仕事を探すことにしました。
子供の頃から「モノづくり」が好きだったから、「モノづくり」の仕事を探そうとハローワークへ足を運んだところ、「公共職業訓練」のチラシがたまたま目に止まりました。
「WEBクリエイター実践科?なんか面白そうだなぁ」あまり深く考えずに公共職業訓練のWEBクリエイター実践科の門を叩きました。

卒業後、30代実務未経験ということもあり、就職先は中々決まりませんでした。
同じ訓練を卒業した20代未経験の男性は、転職エージェントに登録し、あっさりと就職先が決まりました。
勝負をかけて異業種に飛び込むならやはり20代がおすすめです。

私も転職エージェントや転職サイトを数社登録し、転職活動をしました。
経験値が必要な業界ですので、正社員に拘らず間口を広く活動をしました。
私もなんとか印刷会社でHP作成の仕事につくことができました。
通勤片道約2時間、毎日頑張ってます。

接客業は人と人が実際に言葉を使ってやり取りをするので、他業種にいっても絶対にその経験は活きます。
接客業から異業種に飛び込みたいと考えている方、自信を持ってください。
知らず知らずのうちにどこにいっても通じる最高の武器を身に着けています。
自ら立ち上がって行動した人には、きっと明るい未来がまっていますよ。

30代/男性
30歳の男性です。
もともと、企業ショールームの派遣社員として商品紹介を行っていました。
正直、毎日立ち仕事でかつ、研修で教わるような通り一遍の知識だけではお客様への対応もままならないところがあり、非常に苦しいと感じるようになっていました。
もともと、大学を卒業して数年間遊んでいたところもあり、非常に良い経験になったというのもあります。

そこで、かなりのお客様のご意見、そして業界商品の知識も高まったので、思い切って同じ業界の営業職、または商品企画で勤務することができないか転職サイトで仕事を探すようにしたのです。
面談で履歴書を提示した際も、大学を卒業してから数年間の空白はいろいろと突っ込まれましたが、派遣社員として業界の商品知識だけではなく、お客様の動向などに詳しい点は非常に高く評価していただきました。
結果的には職能としてはCS部門でお客様の声をいかに商品改善につなげていくか、という部署への配属が大前提で採用してもらった次第です。

この時感じたのは、いろいろ課題はあっても、現場や商品、お客様の事をよく知っていれば、それ以上に強みはなく、どこでも通用するのではないかということです。
今は非常に充実した日々を送っています。

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M
20代/女性
20歳に短大を卒業し、カフェでアルバイトをはじめました。
セルフサービスのお店で、仕事の内容はカウンターでの注文伺い、レジ、ドリンク作り、ご注文の品のお渡し、テイクアウトお渡し、キッチンでの調理、マフィン作り、その他掃除や材料の発注などお店に関することは何でもしました。

オープニングスタッフとしてお店作りに関わりとてもやりがいのある仕事でしたが、大学卒業後4年くらい勤めた頃、オープニングから一緒だったスタッフが次々と辞めてしまったことと、このままこの店でやっていっていいのか、しっかりとした会社で働くべきではないかとの思いから転職を考えました。
長く続けられそうな事務の仕事をしようと考え、まずはパソコン教室に通いワードとエクセルの基礎を学びました。

就職先は転職エージェントで探しました。
どのような会社がいいか全くわかりませんでしたが、転職エージェントの職員の方が親切に相談にのってくださり、面接の練習なども行いました。
私は英文科卒ですが、食品関係の会社に営業事務として入社することができました。

全くの畑違いでしたが、採用されたのは面接のときに接客業で身につけたコミュニケーション能力をいかせたこと、またパソコン教室に通ったのも事務の仕事への意欲と捉えられプラスに働いたようです。
正社員として採用されたことでお給料も増えましたし、何より社会人として働いているということで自分に自信が持てました。
転職するなら1人ではなく誰かに相談すること、そして目指す職種に関係がありそうな勉強をしておくことをお勧めします。

20代/男性
接客業は、数ある業者の中でもお客さんとの距離が最も近い仕事の一つでは無いでしょうか。
その為、お客様との間のトラブルは日常茶飯事なのはこの業種では避けられません。

私は四年間接客業をしていて、辞めたいと思った出来事はたくさんあるのですが、その中で代表的なものを挙げるとすると、店員を何でも屋と思っているお客様がいると言う事です。
詳しく説明すると、サービスの範囲では無い事を要求される事やお客様のその日の気分による八つ当たり、挙げ句の果てに店の中で何も消費せずただ奇声をあげて退店すると言う人もいるようです。

そして、日本は慢性的な人手不足なので実際現場にいる人材は最小人数ですので、クレーマーやただ店員と話しをしたいかまってちゃん気質のお客様の対応などに戦力を削がれる事によって業務が極めて忙しくなります。
そしてこう言う出来事が度々あると店員側の精神状況もボロボロになり、やがて絞りカスのボロ雑巾のような状態で退社する事になるのです。

この時点で精神病を患うケースも稀ではなく、転職する際に面接で笑顔がぎこちなくなり、卑屈な笑顔をすることしかできなくなっていてとうとう面接を落とされてしまうのです。
この事で更に心はすさみ、人の紹介で全く人と関わらない工場などの仕事を探すようになり、自分のできる仕事の範囲が狭くなっていくのです。
私も同じ経験をして今では回復して生活をしているのですが、もう二度と接客業に就きたいとは思いません。

30代/女性
私が独身の頃に勤務していたキャバクラ店の後輩の体験談です。
彼女は私より5歳年下の28歳で、昨年の冬にキャバクラを辞めて、とあるアパレルブランドの販売スタッフに転職しました。
そのお店は私が一時期勤めていたところで、知り合いがいたので彼女を紹介しました。
本人もアパレルに興味をもっていましたし、やる気もあるようなので推薦したのです。

キャバクラでは朝と夜が逆転した生活ですから年齢的にキツイと話しており、その気持ちはよく分かるのでその事も知り合いに話しておいたのです。
無事に面接を済ませて、働き始めたと聞いて安心していました。

でもなぜか試用期間の1ヶ月間で辞めてしまい、本人から相談を受けました。
辞めた理由を聞くと「昼職には向いていない」とのことで、昼夜逆転がイヤだったのでは?と聞いたのですが、よくよく話を聞くとどうやら給料面で不満があったようです。
私も経験済みですが、確かに夜職と比べれば同じ時間働いても給料は少ないです。
ただ、それを言い出したらどんな職業にも向いていないことになります。
ですから、諦めずに転職サイトなどに登録して、ハードルを下げて活動するようにアドバイスしました。

それから2ヶ月後くらいに彼女から連絡があり、自宅から近いファッションモールにあるブランドショップに就職したということでした。
まるで過去の自分を見ているようで歯がゆい気持ちを抱えつつも、真剣にアドバイスできて良かったと思っています。
今のところ昼職に慣れて順調に勤めているようなので、このまま見守りたいと思っています。

Fotolia_96185760_Subscription_Monthly_M

実際に接客業からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 人に紹介してもらう
  • 転職サイトを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

接客業のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

接客業の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

接客業で働く人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【流通・飲食・消費財・店舗サービス業界
の求人情報】
hairdresser1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には数万件以上の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は「流通・飲食・消費財・店舗サービス業界」のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。