自衛隊を辞めたい…!自衛隊員の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_64343173_Subscription_Monthly_M

自衛隊の仕事をしているけど、

「もう自衛隊なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる自衛隊の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの自衛隊の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる自衛隊の方のために、

「自衛隊を辞めて他の職種に転職成功した人」
「自衛隊のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

自衛隊を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_145847514_Subscription_Monthly_M

実際に「自衛隊を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
自衛隊を退職したのは36歳の時で、勤続年数10年くらいになり階級は3曹の時でした。

辞めた理由は、自宅にほとんど戻れない生活が続き、それが原因で家庭内でトラブルも起きてしまったのが理由になります。
子供が二人いましたが、休日を除いてほとんど自宅には帰れずに、結婚後にはほとんど母子家庭のような状態でした。
それが原因で妻が軽いノイローゼになってしまい、子供も私に全く懐かなくなってしまったので、自衛隊と言う職業は結婚している方には結構厳しい部分があります。

年齢的にはまだまだ自衛隊を続けられましたが、別の仕事で第二の人生をスタートさせたいと思い、思い切って退職の決断をしました。
依願退職でも退職金は貰えましたが、自宅のローンが残っている状態でしたので、転職活動は急いでやりましたね。
転職活動は転職エージェントに登録し、自分に合った転職先を見つけるのに多少時間がかかりましたが、そこは元自衛隊の根性で色々な会社の面接を受けに行き、地元では有名なコンピュータ会社の正社員になる事ができました。

結構ハードな職場ですが給料もよく、毎日定時で帰れるというのは自分にとっては本当に嬉しいですね。
おかげで妻や子供とも接する時間が増えて、とても家庭環境が良くなりました。
転職はやはり、根気よく色々な会社に面接に行く事が大切ですね。
自衛隊で鍛えられたガッツが転職でも役に立ちました。

20代/男性
自分は高校を卒業してすぐに陸上自衛隊になりましたが、6年くらいで辞めてしまいました。

自衛隊になり4年くらい配属された後に、自衛隊専門の婚活パーティに参加して現在の妻と結婚もしましたが、その後に精神的なストレスで睡眠障害を起こすようになってしまい、妻とも相談して辞める事になりました。

辞めたいと思った理由は、やはり自衛隊という職場独特の人間関係のストレスでした。
自衛隊は徹底した縦社会ですので、本当に規律は厳しく訓練から食事までほとんどプライベートの時間がありません。
訓練中にミスをした場合は連帯責任になるので訓練中が特に嫌でした。

自分だけならいいのですが、他の隊員にまで迷惑をかけそうな不安で精神的に病んでいきました。
当たり前ですが上官も厳しく、まるで毎日が部活の強化合宿のような生活で、ある日とうとうノイローゼになってしまい、そのまま退職をしました。

転職活動は精神的に落ち着いてからやりましたが、ネットで転職エージェントと転職サイトに登録し、そちらを使って中小企業の社員にすんなりとなる事ができました。
転職した時期がまだ27歳と若かったので、転職エージェント登録後には結構のオファーが来ました。
自衛隊のように公務員ではないので職業的に少し不安定な部分もありますが、普通の会社で働いている方が自分にとっては精神的に楽なので転職後の生活には満足しています。

Fotolia_137556324_Subscription_Monthly_M
30代/男性
私は、企業の採用担当をしていた時期がありました。
自衛隊には、除隊者の再就職を手伝う担当者がおり、また、年に1,2回合同企業説明会も開催されておりましたので、年に若干名ではありますが、当社では除隊者を採用しておりました。

当社はバス会社です。
一般乗合(=路線バス)、一般貸切(=観光バス)の事業を行っております。
交通運輸業は慢性的な運転士不足であり、自衛隊除隊者は、紹介がしっかりしていることもあって、大変ありがたい存在です。
特に自衛隊員の方は、入隊中に大型自動車免許を取得されている方が多いですので、入社に合わせて旅客輸送に必要な二種免許を取得していただくだけで、ほぼ採用は間違いありませんでした。

当社には、陸上自衛隊出身者ばかりでなく、海上自衛隊出身の方もおります。
教育用船舶で指導を担当されていた方もいます。
除隊後の再就職の際には、在籍時に取得されていた大型自動車免許は大変有利に役立つと思われます。
物流(トラック)輸送もおそらく人材不足で、引く手は多いと思われますが、景気状況によっては収入の増減があるのも事実です。

対して、バス事業は少子高齢化の時代、学校統廃合によるスクールバス導入の増加、高齢者免許返答運動に伴うバスカードの配布事業等、まだまだ、需要が多くある業種です。
除隊後転職される際には、大型免許のスキルを活かして、バス運転士への転身をおすすめします。

そして、転職活動の際は転職サイトや求人雑誌よりも、大手の転職エージェントを利用した方が良いです。
当社でもほとんどが転職エージェント経由での採用だったため、多くの企業で転職エージェントからの紹介に重きを置いていると思います。

20代/男性
自衛隊をやめて転職した友人の体験談ですが、友人は小さい頃から自衛隊に入隊する事を希望しており体力づくりは欠かさずやっていました。
その結果が希望通り自衛隊に入隊できたのですが、入隊して1年で転職してしまったのです。

理由を確認してみますと、訓練も非常に厳しく体力等に自信があってもやはり訓練は精神的にも疲れてしまうとの事でした。
また規律についても厳しく、自由に行動できる制限が設けられており、自分のやりたい事が出来なくなってしまっていたので不満を感じていたそうです。

転職の際にはご家族や友人等に相談をし、転職サイトを利用し転職を行ったとの事でした。
最終的にはハローワークに行き転職したそうです。

転職先も何がしたいのかをはっきりさせる為に1年6カ月掛かり転職したそうです。
転職までの収入はバイトで凌いでいたそうです。

転職先には運送業に転職し、今では運転手同士での人間関係は有りますが、仕事中一人で運転している為非常にやりがいのある仕事だと言っていました。
また勤務時間終了後には、自分の趣味ややりたい事が自由に出来るので、自衛隊に入隊している時よりプライベートの時間があり充実した生活を送っています。
転職しなかったらもっと嫌になっていたかもしれないと言っていました。

40代/男性
私は高校卒業後航空自衛隊に入隊しました。
その後、航空機整備員として日々の訓練や体力錬成、整備の仕事をこなす毎日でした。

元々、空から直接国民を守れる戦闘機のパイロットを目指していました。
毎年ある航空学生の試験を受け、1次の筆記と2次の適性は合格したのですが、3次試験の適性試験で引っかかり毎年そこから進めず適性年齢制限を過ぎてしまいました。
その後、なんの変化もない淡々とした訓練と仕事において国民を守っている意識がなかなか得られなく、もっと直接国民を守れる仕事に就きたいと思い警視庁警察官になろうと考え、自衛隊の退職を決意いたしました。

自衛官として仕事していたのは、2年と数ヶ月になります。
退職してからは地元に戻り、警視庁警察官の試験を受けて1次と体力測定は合格しましたが、2次の面接で落とされてしまいました。
次の年も受験しましたが同じ結果に終わり、警視庁警察官になることを諦め民間人としての人生を楽しもうと考え、バイトをしたり派遣として働いたりしながら、いつの日にか大切な人を守れる様に格闘術や格闘技、その他諸々の武術や剣術を学びました。

現在は、婚約者が出来て知人の紹介で正社員の仕事にも就いてすごく幸せな生活を送っています。
今更ながら、自衛隊に居たら波風ある民間で様々な経験や思い出はなかったと思います。
また、自衛官として特殊な知識や技術が身に付いたからこそ今の私があり、幸せな生活が出来ているのだなと実感しております。

Fotolia_152593564_Subscription_Monthly_M

実際に自衛隊からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • ハローワークを利用する
  • 知り合いに紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

自衛隊のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

自衛隊が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

自衛隊の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【旅行・スポーツ・エンターテイメントの求人情報】
r-agent-hikokai7

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は旅行・スポーツ・エンターテイメントの求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。