証券会社を辞めたい…!証券営業の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_98376269_Subscription_Monthly_M

証券会社で仕事をしているけど、

「もう証券会社なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる証券会社で働く人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの証券会社で働く人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる証券会社の方のために、

「証券会社を辞めて他の職種に転職成功した人」
「証券会社のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

証券会社を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_41699846_Subscription_Monthly_M

実際に「証券会社を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
私は27歳の男性でこれまで証券会社で働いてきました。
学生時代頑張ったこともあり、人が羨むような良い会社に入れたと思います。

しかし、27歳になり昨年結婚し、今年子供も生まれます。
私の会社は残業代はきちんと出るのですが、残業がほぼ毎日のようになりなかなか家族に会う時間が作れません。
土日も平日の疲れが残り出かける気分にもなりません。
そのため、家族サービスのきちんとできる時間に帰れる会社に転職を考えました。

転職サイトで探してもなかなか残業があるかどうかがわからなかったので、転職エージェントを利用しました。
転職エージェントは自分に担当の方が一人ついてくれるので、いろいろなことが質問しやすく非常にありがたかったです。

また、サイトで条件を入力した場合、入力した条件に外れる求人は全て弾かれてしまうのですが、転職エージェントはここは妥協できますとか、ここは譲れませんと言ったことも伝えることもでき、企業を探すことが非常に楽でした。

現在は証券会社をやめ、ある企業の経理を担当しています。
希望通り残業時間も少なくなり、毎週のように家族サービスができています。
また、証券会社も経理もお金を扱う仕事なので、前職で所得した資格も利用でき経験を生かす仕事に巡り会えました。

20代/男性
私が証券会社に勤めていたのは、大学を卒業してからの3年間でした。
今は29歳になるのですが、現在の仕事は銀行の営業マンです。

まず証券会社に勤めた理由としては、人のお金を預かり動かすことの大変さを学んでみること。
そして何よりも、経済が好きだったので経済の流れを通して社会を見て見たいと思ったからでした。

入社から数年は、自分の仕事に誇りを感じながら、周りの友人にも恵まれ順風満帆な社会人生活を送っていました。
ただ仕事をやるにつれて徐々に残業が増えていき、残業代は出るのだけれど溜まっていく疲労とストレスで、自分は本当のこの会社にずっと勤めているのかと疑問が湧くようになりました。
そして、誰にも相談せずに転職エージェントに登録し、担当の方にお世話になり、今は銀行というまた違った形でお客様のお金をみる業務に励んであります。

証券会社の時とは違い銀行は多忙ではありますが、以前にはなかった生きがいや喜びを感じる部分が多く、お客様の笑顔を見るたびに自分まで笑顔になれるような環境に今は大満足しています。
人はやり直しがいつでもきく生き物だと思っていますので、大事なのは早く決断して、早く行動に移すことだと強く思っている次第であります。

,
30代/男性
証券会社に就職し、その後転職した男性の友人の話をします。

彼は私と同じ大学を卒業し、現在38歳です。
大学は関西の有名私立大学、中でも特に一般企業への就職に良好だといわれている経済学部を 卒業しました。

入社したのは大手証券会社のうちの一つ。
誰もが知っている証券会社です。
配属されたのはもちろんというか、当然というか営業でした。
大卒の新卒者が金融系企業に就職した場合、多くの場合は新規開拓の営業の仕事からスタートするそうです。

証券の新規開拓なんて簡単なものではないらしく、彼も入社早々からたびたび「嫌だ嫌だ。早く辞めたい」と何回も言っていました。
そんななかでも意外にも?契約が定期的に取れていたそうで、同期入社の中でも成績は良好。
主に富裕層が沢山住んでいるというエリアを入念にリサーチし、 土日祝日関係なく積極的な営業作戦をかけたのが、功を奏したそうです。

そんな彼ですが、ある時「俺、会社辞めるわ」と言ってきたのです。
理由ですが、
①入社3年がたったので、証券営業についての一連の流れやノウハウなどが身に付いたこと。
②とはいえ、このまま新規開拓営業ばかりを続けていっていいのか?と、漠然とした将来への不安や様々な自問自答。
③「お局さん」が幅を利かせていたり、ノルマ達成について毎朝上司からの罵声がやまない等、社内の居心地の悪さに嫌気がさした。
などがあげられるとのことです。

それで彼は転職活動をスタートしたのですが、 具体的に利用したのは大手転職サイトです。
これも名前を聞けば誰もが知っているサイトですが、彼をここに掲載されていた、とある税理士法人に応募したところ、 書類選考をパスし面接もあれよあれよという間に突破して採用となりました。
税理士法人での仕事も法人営業のようなことをしているそうですが、ノルマが課される新規開拓営業とは違い、 腰を落ち着けて仕事ができているのが気に入っているようです。

転職のアドバイスとしては、
①全くの別業種にはいかないほうがいい。例えば彼の場合も税理士法人なので大きくまとめれば「金融関連」ともいえます
②年齢は若いほうがよく、出身大学も有名大学のほうが有利
③その際やはり経済学部や商学部などを卒業しているほうが、キャリアの一貫性という意味で面接でも話しやすい ということでした。

30代/男性
大学を卒業後、業界中堅の証券会社に就職しました。
配属は神戸支店。
神戸市内の担当エリアの個人客向けの資産運用の提案、つまり金融商品の営業をしておりました。

私が入社したのが2008年、つまりリーマンショックが起きた年です。
リーマンショックをきっかけに顧客の投資意欲は冷え切り、 お客様とお話ししても、なかなかこちらの提案を受け入れてくれない状況でした。

そんな状況ですので、自分の売り上げも上がらず 「売らなきゃいけないけれど、売れない」と自分を責めるようになり、 心も落ち込み、頭痛や胃痛などが発生し、体調にも影響してきました。
今思えばもう少し頑張れたのかもしれませんが、 当時はいっぱいいっぱい。
だんだん転職を考えるようになりました。

営業職だとどうしても勤務時間が長くなってしまう傾向がありますので、 あまり残業のない事務職を希望しました。
当時結婚も決まっていたので、ライフワークバランスを考えてのことです。

私は、リクルートエージェントとDODAと言う転職エージェントと何個かの転職サイトに登録しましたが、 結果的には、リクルートエージェントで紹介してもらった青果の輸入会社に営業アシスタントとして就職することになりました。

営業アシスタントになって一番良かったことは、 やはり数字に追われないことです。
家庭とのバランスを考えた時に、やはりアシスタント職の方が 両立しやすいという印象です。
また、転職先が外資系企業だったので、上司・同僚との関係がかなりフラットで、お付き合いしやすいのも転職してよかったことです。

このように希望通りの転職が叶いましたが、 うまくいった最大の理由をあとから考えてみたときに、「自分ができること、できないこと、いいことも悪いことも、 すべて洗い出したうえで、選考に臨めたこと」 でした。
だいたい証券会社で営業してましたといえば、 しんどかったよね~と理解してくれることがほとんどなので、 辞めることをマイナスに考える必要はありません。
むしろ、そんなきつい業界で働いていた経歴は確実にプラスに働きます。
少なくとも私はそうでした。

なので、徹底的に自分ができること、できないこと、 得意なこと、不得意なこと、成功したこと、挫折したこと、 すべて洗い出したうえで、証券会社での経験と結び付けて応募する会社に伝えることができれば、 きっと転職活動はうまくいくのではないでしょうか。

20代/男性
友人が22歳で大手証券会社に就職しました。
そこから3年勤めたようですが、まず最初の1年で同期11人のうち9人が退職したようです。

なぜ、こんなに辞めていくのかというと、結果ばかりが求められて結果が出せなければ毎日怒られるからだと言っていました。
努力をしても営業で実績が残せないことは多々あると思いますが、努力したかどうかは一切関係なく結果が全ての世界だからです。

そして飲み会が頻繁にあり、お酒を飲むのが苦手な友人はそれが苦痛だったようです。
毎日飲みにいくのが仕事の一環になっていて、体重もどんどん増えてしまい体力も低下していくので長く続けることができないと言っていました。

また、ゴルフなどの接待を休日に行うことなども、ゆっくりプライベートの時間をとりたいのにもかかわらず自己犠牲が多いと言っていました。
顧客を楽しませるために、自分もゴルフを上手くならないといけないと言って自費で練習を行ったり、道具を買ったり、金銭面でも大変そうでした。

また、お客さんに買ってもらった株価が暴落して数千万円の赤字が出たようで、人の人生を大きくかえてしまったことにも良き気分にはならなかったと言っていました。

その後知人のつてでインターネット系の会社の営業に転職することにしたようです。
転職先も営業ですが、証券会社の時のような過酷な営業ではなく、既存の法人相手の営業らしいのでストレスが減りとても生き生きと仕事をしています。
本当に転職してよかったよといつも言っているので、彼にとっては大成功の転職だったようです。

Fotolia_115534855_Subscription_Monthly_M

実際に証券会社からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 知り合いに紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

証券会社のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

証券会社で働く人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

証券会社の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【Web・インターネット業界の求人情報】
r-agent-hikokai2

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面はWeb・インターネット業界の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。