飲食店を辞めたい…!飲食業の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M

飲食店の正社員として働いているけど、

「もう飲食店なんて辞めたい…。」
「飲食の仕事が体力的にしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」
「将来が不安…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる飲食店で働いている人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの飲食店で働く人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそも飲食店の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる飲食店や飲食業で働く人のために、

「飲食店を辞めて他業種に転職成功した人」
「飲食業の仕事のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

飲食店を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_139068810_Subscription_Monthly_M

実際に「飲食店を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/女性
私は飲食店の正社員として2年半ほど働いていました。

その飲食店は座席数40脚程度のワンフロアのレストランで、イタリアンベースの洋風料理を提供していました。
通常はレストランとしての営業をしていましたが、週末など予約が入ればレストランウエディングや結婚式の2次会なども受けていました。

わたしがこの飲食店に勤める前は、大企業でアパレルメーカーの商品企画やデザインをしていたのですが、あまりにお客様との距離を感じてしまい、自分が何のために誰のためにモノづくりをしているのかが分からなくなってしまっていました。
そんな自分を変えるために直接お客さんの顔が見える仕事をしたくなり、飲食サービス業に就職する運びとなったのです。
誰かを幸せにできるような仕事がしたいという想いで、ウェディングも受けているこのレストランに決めました。

実際この会社で学ぶことは大変多く、視野を広く持てるようになったり、お客さんの気持ちを汲んでそれに寄り添うことができるようになったり、他のスタッフとの連携、チームワークを学ぶこともできました。
しかし一般的に飲食店で社員として働く人は、「将来的に自分の店を持ちたい」という目標を持っている人が多く、だからこそ長い拘束時間や不定期な休日に耐えられているといった具合でした。
自分にはそういった目標がなかったし、将来的には結婚出産も考えたかったので今の勤務体系ではとても厳しく、次第に心身ともにすり減っていくことが分かりました。

そこで、わたしは意を決してその飲食店を退職し、大手の転職エージェントを利用してもともとしていたデザイン業界に転職しました。
飲食店勤務時代に学んだ広い視野を持つことや、上手なチームワークといったことは現在の仕事にも大きく活かすことができています。

20代/男性
私は24歳の頃から都内にある某飲食店に3年ほど勤めました。
大学生の頃は成績も悪く就職活動もしなかったので、その時アルバイトしていた飲食業界にそのまま飛び込みました。

職場はカジュアルバーのような所で、カクテルなどのドリンク作りや料理の提供、お客様との会話がメインです。
未経験から入ったので、一からカクテルやお酒の作り方、ノウハウを徹底的に勉強して、バーテンダーとして一人前になれた時には想像以上に嬉しく、達成感に満たされました。

仕事も順調ですごく不満があったわけではないのですが、 飲食店の仕事は基本的に不規則で、営業時間も遅く体への負担は少なくありません。
休みも少なく立ち仕事なので、思ったより疲労感やストレスを感じやすい仕事です。
元々は飲食業界に入りたくて入ったわけではないので、違う世界を見てみたいという思いが強くなり、思い切って転職することにしました。

以前から映画やPVなどに興味があったので、ツテのあった友人の制作会社にアシスタントで入ることになりました。
まだまだ未熟ですが、何かを作ることや人を喜ばせることは元々好きだったので、バーテンダーの経験を生かして日々物作りに励んでいます。

うまく転職するコツがあるとすれば、しっかりとした経歴やその業種でしか得られない能力をアピールすることでしょうか。
どんな会社、企業でも柔軟な発想が求められる時代です。
平均的になんでもこなせる人も組織では重要ですが、何かに秀でた個性的なスキルや能力は即戦力でもあり、会社にとって重要な歯車になるはずです。
転職するときには、自分が得た経験やスキルが十分組織の中で発揮されるような職場や業種を探すのが成功の秘訣だと思います。

Fotolia_129048246_Subscription_Monthly_M
20代/男性
23歳のときから2年間、飲食店の社員として働いていました。

居酒屋でしたので、営業時間が17時から25時という普通の生活リズムとはかけ離れた生活でした。
ですが、ホールスタッフとして働いていたわたしは、お客様とお話することが好きでしたのでまったく苦になりませんでした。
ホールスタッフもキッチンスタッフも、飲食店で働いている人はアクティブで実際の年齢より若い方が多いので、和気あいあいと楽しく働いていました。

ホールスタッフはもちろん重要な仕事で、プロの方もたくさんいらっしゃいますが、わたしは将来のことを考え手に職をつけたいと思うようになり退職しました。
安易な考えかもしれませんが、とりあえずパソコンができればと思い転職サイトに登録し、事務のお仕事を探しました。
実務経験がないので転職活動は苦戦しましたが、その間ExcelやWordの資格をとり何とか転職できました。

実際働いてみると、パソコンのスキルはもちろん大事ですが、電話応対や他部署とのやりとりなどホールスタッフのとき好きだった人とコミュニケーションをとることも大事だと知りました。
まったく関係ないと思う業種でも、必ず前職で身につけた何かが武器になると思います。
それを自分で見つけて、上手くアピールすることはとても大事だと思います。

そして異業種からの人はきっと新しいものをもたらす力があるので、自信をもって転職活動をするべきだと思います。

30代/女性
カフェのホールスタッフを取りまとめるリーダーとして、正社員で7年働いていましたが、30歳になるのを期に退職しました。
理由は多忙と不規則な生活リズムです。
9時30分に出勤後、夜は閉店後に片付け、終礼、メニュー開発、サービス見直しなどを行うため、帰宅がだいたい深夜3時頃になりました。

カフェとはいえ、そこそこ本格的な料理を出していたことと、ハイクオリティな接客を重要視していたため繁盛しており、シフトは8時間で区切っていましたが、客足が途絶えないので残業が当たり前。
人件費を考えると自分より先にアルバイトを帰さないといけないし、まかないも先に食べてもらわないといけない。
そうすると自分の休憩時間がなくなり、長時間労働な上に食事のタイミングもなくなり、結局1日1食だったり深夜に食べたりと、食生活がガタガタになりました。

元々接客も飲食の仕事も好きでどんなに多忙でも若い時は苦にならなかったのですが、年齢を重ねるうちに無理が効きにくくなってきたり、また女性特有のバイオリズムが乱れたりということがあり、今の店で働き続けていると本格的に体を壊しそうだと思っていました。

ちょうどその頃、常連のお客様が飲食店をはじめるという話があり、一緒に働かないかと声をかけていただいたので、今の自分の思っていることを伝え勤務時間や勤務状況をじっくり話し合った上で転職を決意。

飲食業は体育会系の気質が残っているところが多く、やりがいはありますが「好き」だけでは体力面で厳しいことも多いです。
ですので、その店がどういう働き方なのかは、事前に知っておく必要があると思います。

change-job2

実際に飲食店の社員からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 友人に紹介してもらう
  • 転職サイトを利用する
  • お客さんの会社で働く

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

飲食店の社員として働くあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

飲食店の社員が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

飲食店で働く人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【Web・インターネット業界の求人情報】
r-agent-hikokai2

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面はWeb・インターネット業界のため、他業種や他職種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。