作業療法士を辞めたい…!OTの仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

作業療法士(OT)の仕事をしているけど、

「もう作業療法士なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる作業療法士の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの作業療法士の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる作業療法士の方のために、

「作業療法士を辞めて他業種に転職成功した人」
「作業療法士のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

作業療法士(OT)を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_152593564_Subscription_Monthly_M

実際に「作業療法士を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
経験約30年の男性です。
今まで数回、作業療法士として職場を変えています。
小児施設、都市型リハビリテーション病院、地方のリハビリテーション病院などを経て、現在は介護老人保健施設で働いています。

転職の理由は、その時々でやりたい分野を経験し勉強したかったからです。
昔も今も、勉強できる職場は人気だと思います。
そして、10年前ぐらいにこれからは介護保険分野が重要と思い現在の職場にいます。

転職の方法は、転職サイトへも数社登録しましたが、結局は知り合いの紹介が多かったです。
受け入れる方にとっても、人間性や社会性は面接だけでは見抜けない面もあるので、ある意味コネは重要だと思います。
ある年齢以上になると、管理的な立場もこなせた方が給与には有利です。

中途の場合は、何か特徴がないとむしろ不利になることもあります。
コネ以外にも何か仕事上の特色があると良いですね。

転職してよかったことは、やはりそれまでとは違う専門性が経験できたことです。
急性期から生活期までの一通りを経験すると、患者さんへの見方も変わるような気がします。

転職のコツは、情報を普段から沢山集めておくことですね。
転職サイトや転職エージェントにも登録して、きちんと希望を伝えておくといろいろな情報が得られます。
それから、人間関係も可能な限り広げておくと良いです。
専門職同士のみならず、医師や事務職などとも仲良くなっておきましょう。

作業療法士の平均給料は残念ながらそれほど良くはないですが、働き方次第では結構可能性もあります。
私などは、現在は老健で働きながら、小児関係の非常勤講師をしたりしています。
大変なことも多いですが、頑張ってください。

30代/女性
高齢者専門のリハビリ施設で女性の作業療法士として5年ほど仕事をしていました。

仕事の内容は施設にいる高齢者のリハビリですが、私は女性ですので訓練の活動では女性の相手をする事も多かったですね。
料理や裁縫など女性が好む作業のお手伝いもよくやっていました。
しっかりとした資格が必要な仕事でしたので、アルバイトでも時給はそれなりに高いです。

ただ、この仕事はいわゆるリハビリのスペシャリストですので、リハビリ中に何が起きても上手く対処する必要がありました。
高齢者の場合はある程度認知症が進んでいる方もいるので、なかなかリハビリがはかどらない事も結構あります。
男性の方のリハビリは男性の方が向いているかもしれませんが、女性の方のリハビリはやはり女性の私が頼られる事が多かったですね。
特に裁縫や料理のリハビリなどは男性だと普段こういう事をやらない人が多いので、いきなりやるには少し難しい部分がありました。

結婚した時には仕事の時間がうまくとれなくなり辞めざるおえませんでしたが、その後は転職して別のリハビリ施設で働く事ができました。
家庭と両立させる必要があったので、今回もアルバイトでの雇用形態になりますが、求人サイトを探したらアルバイトでも雇ってくれる施設がすぐに見つかりましたね。
資格を持っているので、すぐに採用して貰えました。
うまく転職するには、やはり求人サイトを利用するのがベストです。

Fotolia_137556324_Subscription_Monthly_M
20代/男性
私の友人は作業療法士を辞めて今は公務員になっています。
年齢は28才で男性です。

専門学校の時に知り合い、私も理学療法士の仕事をしているため色々と相談をしていました。
友人から仕事を辞めたいと相談され、話を聞くと「上司と考えが合わず、除け者にされる。給料も安いし、勉強会の強制参加や他県の勉強会にも行かないといけない。」とのことでした。
確かにリハビリの仕事はそこまで給料も高くないですし、書類業務や勉強会で時間、お金を消費してしまうので友人の悩みも理解できました。

友人は転職をするとのことで、作業療法士を辞めて別の職業に行くか、作業療法士は続けて別の病院へ移るか迷っていました。
正直他の職業でも残業はあるでしょうし、勉強会はわかりませんが覚えることもたくさんあると思います。

作業療法士の知識が使えない職場に行くのも大変ではないかと思い、色々とネットで調べるとリハビリの公務員の記事を見つけました。
友人にその記事を見せると気になったようで、しばらくすると試験を受けるとのことでした。
無事に合格し公務員としての作業療法士で頑張っています。
リハビリの仕事は年々人が増えていますが辞める人もかなり多いので、みなさんもよく考えて自分のやりたいことを見つけてください。

20代/男性
転職は一度してしまうと二度目、三度目は変わらなかったですが、初めての転職はかなり心配事が多かったです。

ただ、その心配は大抵取り越し苦労で終わっていて、新たな職場になじめるかどうかあなた次第ですが、転職で面接が不安、職場を見つけるのが不安などその程度なら大したことはありません。
一般企業面接も受けた私からすれば、医療業界転職市場はとても簡単な方です。

そして、転職のサポートをしっかりとしてくれるような媒体は積極活用しましょう。
私個人として転職しないリスクをよく考えるべきです。
いくらリハビリスタッフが病院の肝だとしても医師、看護師がいないと病院自体存続できなくなるはず。
当然カットされるのは療法士、介護士などの給料ということ。
こうしたリスクを考えてみれば、転職して今より良い環境を求めるのは普通のことでしょう。

くだらない悩みの前で立ち止まっている間に年を取ると転職のリスクが高まってきます。
動けるうちにやらなくては動けなくなります。

そして、転職先では経験など余計なことを考える必要はありません。
経験年数はスタッフ同士の上下関係をはかるだけの飾りです。
私の経験上、リクルートエージェントは病院系や訪問系などに限らずリハ職の市場で大きな規模を誇り、転職エージェントの中でももっともお勧めできます。

,

実際に作業療法士からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 求人サイトを利用する
  • 友人に相談する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

作業療法士のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

作業療法士(OT)の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

作業療法士(OT)の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。