助産師を辞めたい…!助産師の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Women giving birth is close is hospitalized

助産師の仕事をしているけど、

「もう助産師なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる助産師の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの助産師の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる助産師の方のために、

「助産師を辞めて他業種に転職成功した人」
「助産師のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

助産師を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_122406052_Subscription_Monthly_M

実際に「助産師を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/女性
地元の総合病院の産婦人科で助産師として2年くらい勤務していましたが、仕事の過酷さや労働時間の長さに体がついていかずに辞めてしまいました。

月給は最初の月から27万円くらいで、同じ病院の看護師の方より高いのはいいのですが、その分本当に仕事はハードでした。
勤務時間は不規則で夜勤が多く、急遽出産への対応をしなければならないことがあり、休日出勤をする事も結構ありました。
また、出産の手助けをするだけでなく、出産して退院後の母親の育児に関する指導を行ったりする必要もあるので、最初の1年はとにかく勉強する事も多かったです。

出産は誰でもうまくいくとは限らないもので、死産や未熟児で生まれてくるケースもあるので、時には残酷な現実と直面する事もあり精神的な負担もそれなりにありました。
私自身が助産師になったのは25歳とまだ若く、精神的に未熟な部分もありました。
助産師を辞めても他にもいい仕事がいくらでもあると思っていたので、助産師の仕事にそこまで執着はありませんでした。

転職は転職エージェントに登録し、自分に本当に合った仕事を担当の人と協力してじっくり探した結果、そこでアパレル関係のいい仕事を見つけて転職しました。
転職エージェントを使えば20代というだけで仕事はかなり見つかりました。
給料が高くなくても、仕事内容が助産師のようにそこまでハードではないので気が楽です。

30代/女性
幼い頃から将来は看護師になりたいと希望を持って、4年生大学の看護学部に進みました。
学生時代に産婦人科でアルバイトをし、多くの出産に立ち会いました。
アルバイトの仕事は出産を間近で見れる雑用でしたが、赤ちゃんが産まれたときの喜びは例えようのない嬉しいものでした。

進学をした大学では、看護師資格と助産師資格の両方の国家試験受験資格が取得できました。
最終学年で両方の国家試験の受験は楽ではありませんでした。
看護師を目指していましたが、産婦人科でのアルバイトの経験から大学卒業後は助産師として働くことを選びました。

ただ、助産師の仕事は私が予想していた以上に大変なものでした。
出産はおおよその予定日は分かりますが、予定日に赤ちゃんが産まれることは殆どありません。
予定日が近づくにつれ、私自身の緊張感も高まり疲労が溜まっていきました。

そして、助産師として働き8年で私の体が悲鳴を上げてしまいました。
ストレスと疲労で体調を崩し、生理も止まってしまいました。

助産師の仕事は感動も多いお仕事ですが、一般的には評価が低い仕事でもあります。
古くは「お産婆さん」と呼ばれ、現在でもそのイメージを強く持っている方が多く専門性が評価されません。
そして、自分自身の体を考えると、助産師を続けることは不可能でしたので、転職することになりました。

転職先は、8年間お世話になった産婦人科専門病院の紹介で、看護師として総合病院へ転職をさせて貰いました。
現在は、小児科担当の看護師として働いています。
助産師としての経験もいかせるので、小児科での仕事に生き甲斐を感じています。
産婦人科専門病院時代から引き続き恵まれた環境の中でお仕事をさせて頂いています。

Fotolia_131009984_Subscription_Monthly_M
40代/女性
現在40歳の助産師です。

結婚後、30歳を過ぎてから看護師の学校に入学しその後助産師の資格を取りました。
助産師として働き始めたのは34歳と、かなり遅いスタートになりました。
卒業後は、地域の中核病院の産婦人科で分娩介助を中心とした仕事をしました。

助産師の仕事は、妊婦さんと赤ちゃんの2人の命を預かる責任の重い仕事です。
最初の1年は1人で妊婦さんを担当することはなかったのですが、とにかく毎日が責任の重さに押しつぶされそうで泣きながら仕事をしていました。
自信がつくまではいきませんが、分娩の流れが冷静に見え、臨機応変に多少は余裕を持って対応できるようになったのは3年目くらいからでした。

助産師の仕事は当然ですが24時間で、夜勤も週に1度はあります。
病棟で分娩介助をする助産師の仕事は最低でも5年は続けようと思っていました。
しかしスタートした年齢が遅かったためか、4年目で体にガタがきてしまい、常に体調不良に悩まされるようになってしまいました。

症状は、腰や肩のなど体の痛みに加えて、突如めまいがするなど自律神経の異常のようでした。
そのため夜勤は休ませてもらうことが多くなり、徐々に病院に居づらくなってしまいました。
どこの病院も助産師不足なため、日勤だけでも勤めてほしいと言ってもらいましたが、自身の体調不良で分娩介助は妊婦さんにも失礼で恐ろしいものなので思い切って病院をやめました。

その後半年間は失業保険を受けながらゆっくり静養し、転職エージェントに登録し紹介してくれた非常勤の仕事をすることになりました。
転職先は、病院勤務時代から分娩介助をリタイヤしたらこのような仕事に就きたいと思っていたものでした。

現在担当しているのは「新生児訪問」です。
赤ちゃんの発育や栄養状態、生活環境について調査を行い、ママの心配事、育児に対する不安など話を聞いたりします。
また保健所で行っている臨月の妊婦さんを対象にした母親学級、赤ちゃんの2ヵ月の会、4ヶ月の会、離乳食についての講習会などに出席し、育児に対する相談にのることもあります。

正直給与は病院勤務時の半分程度にまでなってしまいましたが、激務ではないため体調を崩すこともなく元気に仕事ができています。
分娩に関われない寂しさは少しありますが、助産師として赤ちゃんに触れ仕事ができている喜びもあります。

助産師というと過酷な分娩介助のイメージがあるかと思いますが、病院勤務だけではなく活躍の場は意外と幅広くあるものなので、転職を考えている方は病院以外にも目を向けてみると良いと思います。

30代/女性
私は現在34歳の女性助産師です。

私が中学生のときに助産師という仕事を知りました。
当時私が通う中学校へ助産師さんが来て、産まれてくる赤ちゃんの命の尊さというものを教えて下さりました。
赤ちゃんが産まれてくるお手伝いが出来る、助産師という仕事に当時の私はとても興味を持ったことを覚えています。

そんな私も夢が叶って助産師という仕事につけたわけですが、今の職場以前の産院への勤続年数は8年でした。
転職をして今の産院では勤めて2年になります。

元々憧れであった助産師という仕事でしたが、実際に働いてみると嬉しいことも辛いことも沢山ありました。
命を預かるというとても重い責任のあるお仕事であります。

幸い私が担当させてもらった出産では、母子が命を落としてしまうようなことはありませんでしたが、同僚の中にはそういう悲しい体験をした者もいました。
そして、落ち込んでいた同僚にその産院の先生が、あっさりと言ったのです。

「こんなことはよくあること、これくらいで落ち込んでいたら、助産師はつとまらない。」と。

私はその言葉がずっと頭から離れず、もちろん先生が言ったことも確かかもしれませんが、亡くなった赤ちゃんを思うとあまりに軽々しい発言で、この先生の産院で働くことが嫌になってしまいました。
そこで私は、以前同じ産院で働いていた先輩に良い先生のいる産院はないか相談をしたのです。
偶然先輩が現在働いている産院で、スタッフの募集があること、母子のことを一番に考えるとても熱心な先生がいることを聞いて、思い切って転職をする決意をしました。

無事に今の産院へ転職でき、先輩から聞いていた通りの素敵な先生のもと、夢であった助産師という仕事を日々一生懸命こなしています。
先生への信頼感からとても充実した仕事となっていて、転職をして良かったと感じています。

同業種への転職の場合、やはり転職先の産院の実際の環境や先生の考え方などを知るためにも、 知り合いがいれば紹介してもらうことが失敗が少ないと思います。
日頃から同僚とのコミュニケーションを取り、困ったときに助けてもらえるような関係を作っておくことも大切ではないでしょうか。

30代/女性
助産師国家試験を合格した後に、都内の大型病院で助産師の正社員として5年くらい働きました。
正社員として働いていたのは25歳から30歳くらいになりますが、私自身も結婚して出産後には家庭を持つ立場になり、正社員として働くのは難しくなって辞めることになりました。

私が働いていた病院は大型病院で、私の他にもかなりの助産師の方がいましたが、それでも現場は結構ハードで忙しい事が多かったです。
私の業務は主に出産の手助けをする事ですが、多いときには一日に5回くらい出産の現場に立ち会いました。

出産は手術のように正確な予定時間がないので、とにかく常に助産師として立ち会える体勢を整えておかなくてはならなかったです。
妊婦さんの様子を見たり、胎児の心拍などを確認するのも助産師の勤めで、病院の外来診療が忙しい時は応援を頼まれることもありました。
お産の進行によっては残業もあるので、帰りが遅くなる事も珍しく無かったです。

私も35歳になり今では2児の母ですが、出産は女性にとって本当に大変な事ですので妊婦の気持ちはよくわかります。
転職は転職サイト利用しました。
大型病院で助産師をしていた経験を生かして、小さい病院のパート勤務で助産師をしていますが、普通のパートよりも助産師のパート勤務は福利厚生がしっかりしているのは有難いです。
以前の経験を生かして働けるのが嬉しいです。

Women are suffering while watching the smartphone

実際に助産師からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 病院に紹介してもらう
  • 知り合いに紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

助産師のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

助産師の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

助産師の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。