MRを辞めたい…!製薬会社営業の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

A businessman and a doctor are talking in the diagnosis room

製薬会社の営業、MRの仕事をしているけど、

「もうMRなんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる製薬会社で働く人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの製薬会社で働く人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいるMRの方のために、

「MRを辞めて他の職種に転職成功した人」
「MRのまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

製薬会社営業(MR)を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

,

実際に「MRを辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
29歳男です。
新卒で内資系製薬会社に就職し、4年目で外資系製薬会社のMRに転職して2年間働きました。

仕事内容としては病院担当です。
MR歴6年目ということもあり、大学病院なども担当していました。
中枢神経系、感染症、オンコロジー領域の薬剤が多いメーカーでした。

MRを辞めたいと思った一番の理由は、上司と反りが合わなかったからです。
急成長中の会社だったため、管理職の能力に差があり、非常に優秀な上司もいればどうして課長になったのか理由がわからない人もおり、配属された課や支店によって仕事の仕方が全く異なっていました。
必要もないミーティングで遅くまで会議につき合わされたり、必要以上の内勤を要求されたり・・・。
会社自体は福利厚生も恵まれていて文句はなく、自分自身営業成績は悪くなく、給料も悪くない状況でしたが、配属された場所が悪かったとしか言えない状況で転職を決意しました。

正直、転職するならもうMRはやめよう・・・と思い(業界の先行きに不安があり)、転職エージェントに登録し担当の方に異業種への転職の希望を伝えました。
自分の好きなことができる業界と、安定・給料面重視の業界と二つの路線で会社を受けました。

転職先は保険業界です。
保険業界ではありますが、ノルマは厳しくなく、仕事がかたずいていれば有給も取りやすい環境です。

転職して良かった事は、給料面は少し下がった(おそらく最初の給料は変わらなかったとは思うが、MRのほうが給料の上昇率が高いと思われる)が、確実にQOLは上がりました。

うまく転職するためのコツとしては、MRはノルマが厳しい中で仕事をこなしている印象があるし、コミュニケーション能力、プレゼン能力、パソコンスキルは高いと思うので、「MRやってました」というだけで他業界では注目されることもあります。
転職する場合には業種に限らず言えることですが、転職するなら早めに動いたほうが良いと思います。
年齢を取ればとるほど希望の条件が難しくなってくるので、転職を決意したその日のうちに転職活動を始めるのをお勧めします。

20代/女性
20代女性です。

MRから転職しようとした理由は、そもそも医薬品に興味がなかったことと、医者はよく来てくれるメーカーのものを使いたいと思っていて、純粋に製品の良さで勝負してる感じではないのが嫌だったからです。
しっかり製品の特徴を考え患者により使い分けしてる医者もいますが、結局付き合いが大事で、ゴルフなど土日がつぶれたりして忘年会時期は毎日飲みに行ったりきついものがありました。

そして転職しようと思った決定的なことですが、男性医師からのセクハラです。
上司に相談しても関係が築けていて担当を変えてくれなかったり、しっかり断れないお前が悪いといわれて、会社の対応の悪さも気になりました。
そういったことが重なり転職を決意しました。

転職は転職エージェントを複数登録し、最終的にリクルートエージェントで紹介された会社に転職しました。
転職した会社は人材紹介の会社でR社。
中途採用者を対象にしたサービス提供してるところで、私はそこの広告を扱う部署で営業をしています。

業務はお客様の企業に商品の説明をし、企業がほしい人材をヒアリングし求職者に求人を送って採用につなげる内容です。
営業らしい業務内容でないといってもMRで培ったコミュニケーション力はとても活かせています。
残業は自分でコントロールできて遅くまで残業することもなく、給料も少し上がったので大満足の転職です。

depressed business woman
20代/男性
大学の薬学部を卒業した後に3年ほどMRとして働いていました。

薬の知識はそれなりに自信があったのでMRという製薬会社の営業に飛び込んだわけですが、やはり営業職は実際に働いてみると厳しく、思うように製薬の営業成績が伸びませんでした。
MRは一般的にそこまで営業のノルマは厳しくないと聞いていましたが、実際はしっかりとしたノルマがありました。
それが直接給料にも響くので、営業先ではかなりのコミュ力が求められます。

残業時間、休日出勤が多く、営業先の病院の医者にも気に入られないと契約が取れないので大変でした。
自分の場合はそこまで営業成績が悪いわけではありませんでしたが、安定していい成績が出せずに調子が悪い時には上司にもよく怒られたものです。
やはり昔ながら営業職ですので、向き不向きが激しい仕事なのは間違いありません。

結局3年で自分には不向きだと思い退職をする事にしました。
転職は転職エージェントをうまく使って、普通の企業のデスクワークに転職する事ができたのでよかったです。
こちらの仕事も忙しく残業時間も長いですが、営業と違いノルマもなく事務的な仕事をするだけでいいので精神的にはMRよりは楽ですね。
とりあえず転職は成功したと思っています。

30代/男性
都内の製薬会社でMRとして25歳から31歳くらいまで勤務していましたが、色々と事情があり転職をする事にしました。

自分が入社した時はそこまで営業のノルマもきつくなく、営業先を周るだけの和気あいあいとした会社でしたが、製薬会社の営業成績があまりよくないのが本部に知られて上司が代わってからは、一気にノルマがきつくなりました。
残業時間が長くなり休日出勤も多くなって、職場の空気が一変しました。

会社的には営業成績を上げるための改革案なのでしょうが、これに付いていけずに離職する人がかなり増えました。
中には営業成績を上げて給料が多くなった人もいたようでしたが、自分はとてもついていけませんでした。

「営業のセンスが無いからこうなったんだ」と言われればそれまでですが、自分としては無理をして営業を続けてもうまくいくとは思えずに転職を決めました。

転職したのは、まだ31歳でしたので年齢的にも十分やり直せると思いました。
転職活動は3ヵ月くらいかかりましたが、ハローワークに通ったり転職サイトを使う事で何とか新しい転職先を見つける事ができました。
転職先はドラックストアでの仕事ですが、自分は薬の知識にはそれなりに自信があるので順調に働く事ができています。

40代/男性
38歳から40代の半ばくらいまで、製薬会社の営業職であるMRとして仕事をしていました。

自分は過去に保険会社の営業職もやっていたので、営業にはそれなりに自信がありました。
MRも保険会社の営業とそこまでやる事は変わりませんでした。

保険会社は得意先を回って保険の紹介をしますが、MRだと病院に製薬の紹介をするのが主な仕事になります。
ただ、製薬の事について色々と質問される事も多いので、紹介する製薬の知識は常に頭に入れておかなくてはありません。
製薬を買ってもらう為にも医者の方と仲良くしなくてはいけないので、接待なども結構ありますが、自分はこういう接待も得意な方でしたので仕事がそこまでキツイとは思いませんでした。

しかし、40半ばの時に体を壊してしまい仕事を辞めざるおえませんでした。
MRは勤務時間が長く、1日に8件くらいアポをとって営業を仕掛けるので、帰りが夜の9時や10時くらいになる事も多く休日出勤もあります。
どうやらこの生活に体がついていかなかったようですね。

失業保険は出たのでその間に療養をしながら転職をする形になり、40半ばでしたのであまりいい転職先は見つからないと思っていましたが、満足のいく会社に転職できました。
転職は人気の転職エージェントと転職サイトを使いました。
転職先も営業の仕事ですが、ノルマや勤務時間も前と比べると相当楽になりましたので、今度は体を壊さないように気をつけて働いています。

overwork concept

実際にMRからうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • ハローワークを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

MRのあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

製薬会社営業(MR)の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

MRの人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・バイオ・福祉業界の求人情報】
r-agent-hikokai10

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・バイオ・福祉業界の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。