弁護士を辞めたい…!弁護士の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

no pain no gain

弁護士の仕事をしているけど、

「もう弁護士なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる弁護士の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの弁護士の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる弁護士の方のために、

「弁護士を辞めて他の職種に転職成功した人」
「弁護士のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

弁護士を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_98376269_Subscription_Monthly_M

実際に「弁護士を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/女性
有名大学の法学部を卒業後に、司法試験に合格して弁護士になり小さな弁護士会社で働くようになりましたが、結婚後には退職をしました。

私の場合は女性なので、結婚後は無理して弁護士を続けようとは思いませんでした。
運動はダメでも昔から勉強だけはできたので、司法試験は2回目で合格できましたが、そこまで弁護士になりたい訳ではありませんでした。
働いていた時よりも試験で合格した時が一番嬉しかったような気がします。

仕事内容は法律相談、事務処理、事務作業、クライアントと打ち合わせなど地味な事の方が多かったです。
勉強ができても口下手の私はあまり仕事ができるとは言えませんでした。
事務所の方が過払い請求の相談広告を出していたせいか、仕事の依頼は過払い請求が異様に多かったです。

結婚は大学時代に知り合った男性の方ですが、弁護士は多忙な仕事でしたので家庭との両立は無理だと思い退職をする事にしました。
実際に女性弁護士は結婚すると私のように退職する人が多いようです。
私の場合は29歳くらいで退職したので、弁護士として働いたのは4年くらいです。

それから2年ほどは専業主婦でしたが、子供を保育園に預けられるようになってからは求人サイトで見つけた事務系の仕事に転職をしました。
弁護士のような華やかさはありませんが、口下手な私には向いている仕事だと思っています。

30代/男性
弁護士になれたのが28歳の時で勤続年数は5年くらいだったと思います。

私は昔から頭だけは良かったので、司法試験は2回目で合格できました。
辞めた理由は思い返せば色々とありましたが、やはり理想と現実の違いを実感して仕事に全くやりがいを感じられなかったのが一番大きな理由だと思います。

弁護士と言うのは法廷で色々と熱弁するイメージがありましたが、自分の入った弁護士会社はそもそも民事裁判専門でしたので、仕事はほとんどが事務的な手続きでした。
自分に多かったのは離婚や遺産相続などの裁判でしたので、準備した書面を提出して次回の期日を決めるだけでした。
仕事の内容はほとんどがこれですので、裁判自体はあっという間に終わる事がほとんどです。

たまに依頼人が私に感謝してくれる事もありますが、ほとんどの方は感謝などなく自分はただの業者の人間だと思っているようでした。
裁判の結果が悪い場合は依頼人に嫌味を言われる事も結構ありました。

給料も世間のイメージほど高くなく、一般のサラリーマンより少し高いくらいでした。
転職エージェントを使って転職後には一般の企業に就職をしましたが、こちらは現場で色々と活躍ができる仕事ですので、とても仕事にやりがいがありますね。
給料は少し下がったのは残念ですが、やりがいのある仕事のおかげで毎日が充実しています。

Fotolia_126388557_Subscription_Monthly_M
30代/男性
子供の頃から遊ぶ間も惜しんで必死に勉強をして、1流大学の法学部を出た後に20代後半で弁護士になりました。
そこまではよかったのですが、高収入になり夜遊びを色々と覚えてしまい、それが原因で体を壊して弁護士を辞める事になりました。

弁護士の仕事は世間一般のイメージと違いそこまで難しくはなかったです。
裁判の手続きに必要な書類等を作成したり、依頼人の代理人として相手方と話し合ったりしますが、慣れればそこまで大変ではありませんでした。
自分は民事裁判専門でしたので、そういう仕事が多かったです。
刑事事件を扱う弁護士というのはそこまで多くないので、私のような弁護士は珍しくないです。

仕事に慣れてお金をたくさん稼げるようになり、今まで勉強ばかりの人生だったせいか、その反動で貰ったお金は次第にギャンブルや夜遊びに使うようになってしまいました。
身なりも派手になり、いい車にも乗るようになりました。

仕事の後に夜遊びをするという悪循環で、ついに体を壊して入院後に会社に戻っても自分の居場所は無かったです。
会社には「自分はだらしない夜遊びをする弁護士」というイメージが知れ渡ってしまい辞める事にしました。

その後は転職エージェントの紹介で有名な大手の会社に転職ができましたが、それからは夜遊びはしないようにしています。
給料はボーナスを計算しても下がりましたが、変にお金を持つとまた以前の悪い癖が出ると思うので、これでよかったと思います。

40代/男性
普通は弁護士になる人は有名大学の法学部を出た人がほとんどだと思いますが、自分は普通の企業で働きながら独学で勉強して司法試験に合格したので、弁護士になれたのは30代後半になります。

弁護士になれたときは親や妻も喜んでくれましたが、事務所にいる自分より若い年代の人に比べて弁護士のとしての仕事があまりできずに、事務所にいずらくなり3年ほどで辞めてしまいました。

弁護士はエリートが集まる職場のイメージですが、公務員と違い使えない人間だと辞めさせられてしまう事も珍しくないです。
自分は元々争いを好まない性格ですので、相手方と争うような裁判の弁護はどうしてもうまくいかない事が多かったです。
昔から口下手な部分もあるので、法廷で弁護をする時に緊張する事もありました。

高嶺の花と言われる弁護士になれたのは良かったですが、退職した後は以前のような普通の企業に転職する事になりました。
いくら弁護士の資格を持っていても年齢的に転職は少し難しい年齢でしたが、知り合いの紹介で意外にもすぐに転職先が見つかりました。

洋服関係の地味な業務の仕事ですが、そこまで人と話すような仕事ではないので口下手な自分には合っていると思います。
弁護士になった時に喜んでくれた親や妻には少し悪いですが、自分としてはこれでよかったですね。

30代/男性
色々と苦労して30代前半で弁護士になったのはいいのですが、自分はいわゆる仕事ができないボンクラ弁護士でしたので、会社から解雇というような形で辞めてしまいました。

難問の司法試験には合格したものの、社会経験は乏しく昔からいい加減な性格でしたので、自分が担当する民事裁判も刑事裁判も依頼者の期待を裏切る事が本当に多かったです。
資料集めがいい加減だったり、依頼人の要望といえる事実関係を整理できない事が多くて、依頼人だけでなく会社の方にも迷惑をかけてしまいました。

自分が弁護した民事裁判では、依頼人が示唆した賠償金の半額くらいしか相手から取れない事も結構ありました。
会社は実力主義でしたので、使えない弁護士をいつまでも置いておくわけにはいかずに3年ほどで解雇されてしまいました。

個人の弁護士事務所を始める事もできなくはありませんでしたが、自分にはそこまでの度量はないと思っていたので、仕事関係の知り合いのつてで普通の企業に転職をする事に決めました。
その企業でも仕事がそこまでできるとは言えませんが、普通の事務的な仕事ですので、以前のように自分で色々と考える必要も無く精神的には楽になりました。
転職は前職の失敗を生かして自分に合った仕事を探す事が大切です。

overwork concept

実際に弁護士からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 知り合いに紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

弁護士のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

弁護士が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

弁護士の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【管理・事務の求人情報】
r-agent-hikokai6

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は管理・事務の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。