新聞記者を辞めたい…!新聞社の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_41699846_Subscription_Monthly_M

新聞記者の仕事をしているけど、

「もう新聞記者なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる新聞社で働く人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの新聞社で働く人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる新聞記者の方のために、

「新聞記者を辞めて他の職種に転職成功した人」
「新聞記者のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

新聞記者を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Businessman working late in office

実際に「新聞記者を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
友人の紹介で新聞社に就職しました。

新聞記者というと芸能人の追っかけや政治家の不祥事など、スキャンダルを追う仕事と勝手なイメージを膨らませていたので、「楽しそうだな」と思い紹介に乗りました。
紹介してくれた友人からは「本人の適正に合った部署に配属される」と聞いていたので、自分に適した部署に配属されるのであれば心配ないと思い特に不安もなく面接、就職しました。
しかし実際入社してみると思っていた環境とは異次元の世界でした。

私が主に担当していた仕事は、記事作成で芸能関係とは遥かに遠い仕事内容でした。
単純に「記事作成」と言ってもただ決められた文章をつらつらと書いていくわけではなく、書く記事に対してまずは知識を増やし文章構成自分で練り読者にわかり易く書いていきます。
記事によってはリアルタイムで起きたこと(政治情勢、ニュースなど)をすぐに書き起こし、いち早く出版し読者の方々に届けなくてはいけないので、深夜に出社することもあり不規則な生活を続けていました。

しかしやり甲斐はとても感じる仕事でした。
自分が書いた記事を読んでくれてる方がいると思うと、更に良質な記事を書かなければいけない思い、語学スキルなどを向上させようと努力していました。

給料は年収にして500万程度でした。
以前働いていた職場に比べると+100万程あったので満足していました。
私が勤務していた会社は中小企業に属するので、500万でも充分な年収だと思っていました。

新聞記者を続けて5年目。
やり甲斐は感じていたものの、やはり不規則な生活を打破したいと思い転職を決意。
転職エージェントに登録し、残業のない会社を希望しいくつか会社を紹介してもらい面接を受けました。

現在は出勤時間と退社時間がしっかり固定されてる運送会社に就職してます。
給料は年収-150万と大幅に減りましたが、生活するには困らない年収なので特に不満はありません。

仕事を生き甲斐に必死に執筆して時間に追われていた記者時代に比べ、現在は心にも身体にも余裕が出来ました。
これからは自分の為に時間を沢山使って生活したいと思っています。

20代/男性
新聞社に就職して5年ほど働きましたが、上司との折り合いが次第に悪化していき退職をしてしまいました。

仕事の内容は企業や団体の取材に原稿の作成などが特に多かったです。
新聞記者はかなりハードな仕事だと聞いていましたが、これは本当で自分が所属をしていた社会部はかなり忙しかったです。
取材の時には色々な所に行く必要があり、しっかりと情報を集めて記事を書かなくてはいけませんでした。

大学の頃はサークル仲間と楽しく大学用の新聞を書いたりしていましたが、仕事として書く記事はそんな楽しいものではなかったです。
何度も上司にチェックされるので、そこでOKを貰う事がなかなかできませんでした。
上司は本当に厳しく、文章だけでなく写真まで徹底してチェックをするので、そこで自分と意見の対立が起きてトラブルを起こしてしまい、自分の方から辞めることにしました。

新聞記者は転職が難しい仕事だと聞いていましたが、自分は英語がそこそこ得意でしたので、転職エージェントを利用して外資系の会社に転職する事ができてよかったです。
新聞学部の方は英語が得意な方も多いようですので、転職なら自分のように外資系の企業に転職するのがいいかもしれないですね。
英語が得意な方は優遇して採用される事が多いです。

Fotolia_126388451_Subscription_Monthly_M
30代/男性
大学の社会部を卒業した後に新聞社に入社をして、取材の方法やインタビューの仕方などを覚える教育研修が終わった後に地方支局勤務になりました。
その時はそこまで忙しくなく、先輩記者についてまわるだけで良かったのですが、3年後に本部に移動して全部自分でやるようになってからは忙しすぎて体を壊してしまい退職をする事になりました。

新聞記者は自分ひとりの力でやるとなると大変で、とにかく色々な現場を回る必要があり、取材力や文章力が求められるようになりました。
確かに年収はサラリーマンに比べて高かったですが、とても自分にはついていけない世界でした。
たまに独立してフリーのライターなどになる人もいるようですが、自分はとても無理でした。

転職したのがギリギリで20代の時でしたので、転職エージェントに登録すれば結構仕事を紹介してもらえました。
自分は特に資格などはありませんでしたが、大手のベンチャー企業に無事に転職をする事ができてよかったです。
ちょうど求人で中途採用をやっていたのでそちらで採用されました。
面接のアドバイスや履歴書の書き方も転職エージェントではアドバイスしてくれたのが有難いです。

こっちはこっちで色々と大変な事もありますが、上司の方が色々と自分の面倒を見てくれるので助かっています。

20代/男性
新聞社に勤めていましたが、記者を続けているうちに色々と精神的に病んでいき最後は退職する事になりました。

新聞記者はかなり時間に終われる仕事ですので本当に忙しかったです。
取材先とのアポイントメントや原稿の締め切りなどは絶対に守る必要がありました。

スクープ写真が取りたくて事件や事故の現場に急いでいく事もありましたが、これも遅れるといい写真が取れないのでスピード勝負でした。
スクープが取れそうな現場は他の新聞社の方もたくさんいるので、そこでいち早くいい場所を確保してカメラを構えている事も何度もありました。

自分は結構スクープ画像を頑張って取っていたので、上司の方にも褒められた事がありましたが、人のプライベートを侵害したような写真が多かったのであまり人に自慢できるような物ではなかったです。
こういう新聞記者のドロ臭い仕事が次第に嫌になっていき、記者になって10年くらいで別の会社に転職をする事にしました。

結婚して子供も生まれたので、父親が人のプライベートを侵害するような仕事をしていたら子供の教育にも良くないと思いました。
転職したのは転職サイトで見つけた一般企業ですので、記者のように時間に終われるような事も無くなり、精神的にはかなり楽になりました。

many paper files

実際に新聞記者からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

新聞記者のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

新聞記者が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

新聞記者の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【Web・インターネット業界の求人情報】
r-agent-hikokai2

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面はWeb・インターネット業界の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。