美容師を辞めたい…!美容師の仕事が辛い(つらい)、職場を変えたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_131697106_Subscription_Monthly_M

美容師として働いているけど、

「もう美容師なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「お給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる美容師さんは多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの美容師さんがあなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそも美容師の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる美容師さんのために、

「美容師を辞めて他業種に転職成功した人」
「美容師のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

美容師を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「美容師を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/女性
私の年齢は29歳で、女性です。
仕事内容は、以前まで美容師として勤務をしていました。
大手のチェーン店でのお仕事で、主にアシスタント業務やスタイリストとして勤務をしていました。

しかし、今では美容師としての仕事は辞めてしまい、別の仕事に就いています。
大体3年程度勤務をしていました。

なぜ辞めたいと思ったのかというと、美容師の仕事をしていて腰痛が悪化してしまったからです。
加えて、私はアレルギーを持っていて、カラー剤やパーマ液などでお肌が荒れてしまいました。
また、給与も安く、講習や勉強会などで残業ばかりの毎日で体力的にも限界になってしまったからです。

最初は、美容師として成功をしたいと思っていたのですが、このようなことから精神的にも疲れ果ててしまい、転職を決意することにしました。
転職のためにとった方法としては、転職エージェントを利用し自分の希望を伝え、お仕事を紹介してもらいました。

転職先は旅行会社のカウンター職だったのですが、未経験者からでもしっかりと研修をしてくれる企業だったため、前職が美容師だった接客のスキルを生かすことが出来ました。
上手く転職するためのアドバイスですが、なるべく若いうちにやりたいことにチャレンジすることが必要だと思いました。

20代/男性
24歳男性です。
私は美容室に2年勤めた後に転職いたしました。
美容学校にも通い、親にも負担させてしまったので後ろめたい気持ちもありましたが、心境の変化や不満もあって辞めることを選択しました。

ご存知の通り美容師の下積みは長く、体力的にも精神的にも負担は軽くありません。
通常のサロンワークでのアシスタント業務はもちろん、営業後は技術向上のために個人練習に励みます。
サロンの営業は8時くらいに終わり、ミーティングをしてから個人練習を毎日2〜3時間すると、帰るのは終電間際になってしまいます。

毎日繰り返すうちに精神的な疲れやストレスに気持ちが押されて、スタイリストとして一人前になりたいという気持ちが揺らいでしまいました。
同僚やサロンの先輩方は優しい人も多かったのですが、個人的に考え方やビジョンが合わない人も居てそれも辞める原因の一つでした。

昔から映像や編集の仕事に興味を持っていて、その業界の仕事に関わってみたいなと思い、制作会社の友人に相談しました。
求人のある知り合いの会社に紹介してくれて、なんとか働き先の目星がつき始めた時に美容師を辞めることにしました。

ほぼ未経験で勉強量も多く大変でしたが、美容師よりもやりがいや達成感を感じるようになった自分に気づき、思い切って転職して良かったなと感じました。
仕事を辞めて転職するのは勇気がいりますが、辞めるのも決断の一つです。
一度きりの人生なので新たな夢や目標の為にあの時決断して良かったなと感じます。

Fotolia_113794110_Subscription_Monthly_M
20代/女性
コツコツと努力していたんですが、結局辞めてしまった知人男性がいます。
美容師を諦めなくちゃいけなくなった理由の1つは、勤務先のお店にあったようです。
始めは見習いとして大きなチェーン店に入店して、それこそ掃除なんかの下働きばかりで休みの日は先輩に遊びに連れまわされると言った感じだったようです。

一年ぐらい経った頃にようやくシャンプーなんかをさせてもらえるようになって、自分たちを試験台にしてカラーリングやパーマの練習もしていたようです。
休みに会う度に髪型と髪の色が違ってました。

もう少しで免許取得という頃になって、そのチェーン店自体が倒産。
雇われていた美容師さん全員が路頭に迷うことになったそうです。
幸い小さな個人店に勤め先を見つけて、オーナーであるママと2人で頑張ってました。

決してイケメンじゃないんですけど、口が上手くてJKなんかに結構モテてたみたいです。
順風満帆に見えた頃、ママが妊娠出産のためにお店を閉じることになりました。
またまた勤めていたお店が消えたわけです。
頑張って結果が出そうになる度に、お店が消えてなくなると言う事実に、嫌気が差したのかもしれません。

結局、彼はそのまま美容師自体を辞めてしまったようです。
表向きは、手荒れが酷くなって続けられなくなったと言っていましたけど、次のお店が見つからなかったのかもしれません。
勤めるお店の将来性って結構大事みたいです。
信頼されていても、続けられなくなったら美容師自体を諦めざるをえませんから。

20代/男性
20代半ばまでのおよそ3年間ほど、地元の個人経営の美容室で働いていました。
スタッフは私を含めて4人くらいで、女性ばかりの美容室でした。
サロン内の清掃や受付などの業務を半年間ほど行い、その後は実際にお客さんのヘアセットを任されることが増えました。

同時に残業も多くなり、次のお客さんのスケジュール管理や、片付けなどを行っていると帰りが遅くなって疲れやすかったです。
休みも不定休でしたし、突然呼びだされることもあって十分に休息できない日々が続きました。
立ちっぱなしで手も荒れるし、体がむくんで調子が悪くなるこもよくありました。

ハードワークにも関わらず給料は安くて、1年目から他のサロンに転職したいと考えるようになりました。
でも、小さなサロンだったので気を遣ってしまい、なかなか辞めたいと言い出せなかったのです。

同じ美容師の知り合いに相談すると、転職サイトをオススメされ転職サイトに登録して転職先を探すようになりました。
でも、広いようで意外と狭い美容業界ですから、私が他のサロンに転職したがっていることは自然に他のスタッフの耳に入っていたのです。

人間関係のストレスを感じ、次のサロンが決まる前に辞めましたが、前の職場よりも楽しいところで働けるようになったので良かったです。
給料はあまり変わりませんでしたが、スタッフの人数が多くて、閉鎖的なイメージがなかったので肌に合っていました。
水面下で慎重に転職活動を行うように徹底したほうが、後々、人間関係のトラブルに巻き込まれずに済むと思います。

30代/女性
小学生時代からの親友が30歳になったころの話です。
彼女と私は小学校1年生のときに同じクラスになったことがきっかけで知り合い、お互いの家も近かったため家族ぐるみで付き合っていました。
彼女の母親は美容師で家の近くで美容院を経営していて、彼女も小学生のころから美容師になりたいと言っていました。

彼女は普通高校を出てから専門学校に入り、20歳のときに都内の美容院に就職しました。
専門学校で基礎はマスターしていても、お店では毎日シャンプーだと嘆いていました。
お店の営業が終わってからもトレーニングがあり、土日も遅くまで美容院に残っている彼女が心配でした。
それでも一緒に入った人たちがどんどん辞めていくなか、彼女は3年後にスタイリストになりました。

私は以前から練習台として髪を切ってもらっていましたが、そのときからタダで切ってもらうことはやめました。
彼女は明るい性格でお客さんからの人気もあり、順調に昇進していきました。
しかし休みは多くなるどころか忙しくなる一方で、1週間に1日休めるか休めないかというくらいでした。

彼女とは会うことも難しくなり、メールで連絡したり、美容院にお客さんとして行ったときに近況報告をしていました。
30歳目前のときには周りの友達がどんどん結婚していくのに恋愛する時間もないと言っていました。
私もそのころ婚約し、そのことにもショックを受けていたようでした。

あるとき彼女から珍しく電話をもらい、お昼ご飯を一緒に食べました。
美容師を辞めようと思うと相談されましたが、彼女が一生懸命やってきたのを知っていたので反対しませんでした。
理由は忙しすぎてプライベートがないことで、同じ店では時短などの働き方をすることはできないとのことでした。

彼女は違う業界で働いてみたいそうで、美容院を辞めてからレストランのホールの仕事を始めました。
彼女の常連のお客さんが経営しているフレンチレストランで働き始め、自分の時間が持てると満足していました。

2年後に彼女も結婚しましたが、現在は子育てが落ち着いたら母親の美容院を継ぎたいと言っています。
美容師としての技術とキャリアがあり、誰からも好かれる性格の彼女なので心配ないと思います。


Fotolia_86102952_Subscription_Monthly_M

実際に美容師からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 友人に紹介してもらう
  • 転職サイトを利用する
  • 常連のお客さんの会社で働く

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

美容師のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

美容師が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

美容師さんにオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【流通・飲食・消費財・店舗サービス業界
の求人情報】
hairdresser1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には数万件以上の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は「流通・飲食・消費財・店舗サービス業界」のため、他業種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。