ゼネコンを辞めたい…!ゼネコンの仕事が辛い(つらい)、建設会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

person construction worker man  or engineer holding in hands blueprint and yellow helmet for workers security on background of new highrise apartment buildings and construction cranes on background

ゼネコンで働いているけど、

「もうゼネコンなんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいるゼネコンで働いている人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの現場監督の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い職に就きたい
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • そもそもゼネコンの仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいるゼネコンで働く人のために、

「ゼネコンを辞めて他業種に転職成功した人」
「ゼネコンの仕事のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ゼネコンを辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_131784154_Subscription_Monthly_M

実際に「ゼネコンを辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/女性
私の元カレの話なのですが、当時彼は24歳でした。
ゼネコンに入って2年ほどたった時に転職をしたそうです。

私は彼が転職をしたあとに出会いました。
彼はゼネコンに勤務していた時は週休2日あり、給料も月に40万近くもらっていたそうです。
しかし仕事内容は彼のやりたいことではなく、ビルの建設の設計ばかりでした。
彼は大きな建物よりも店舗デザインに興味があったので、あまり情熱的に仕事に取り組めなくなっていました。

大学の同級生は、薄給ながらもデザインの仕事をしている仲間が多かったようで、大学の友人がデザイナーズウィークで作品を出しているのを見に行ったときに、転職をしようと思ったそうです。
そしてデザイン事務所のホームページを見て、自分の好みの事務所を見つけ履歴書を送り、面接でうかり、デザイン事務所勤務になりました。

ゼネコン時代の給料の半分以下になり、実家に住みながら仕事に行っていました。
また休みは週に1度になりました。
でもデザインが好きなので楽しいと言っていました。

私たちは別れることになりましたが、転職をするほど好きな仕事ができている彼を尊敬していました。
彼はその事務所に4年間ほど勤め、今度はさらに大きな事務所に転職をしていました。

転職の面接の際、ポートフォリオという作品集を作り、見てもらったそうです。
デザインの仕事をする際は作っておくことが大事なんだそうです。

20代/男性
転職前、県内で大手のゼネコン建築部に所属してましたが、現場勤務になれば月100時間のサービス残業は当たり前、毎日朝7時から深夜まで勤務時間に。
このとき付き合ってた彼女とデートはできなくて、家に遊びに来ても仕事で疲れ寝てしまうことがよくあったのです。
珍しく日曜夜7時仕事が終わった時は、早く終わって喜んで映画を見に行ったことを覚えてます。

そして、代休を消化する暇なく、有給は1日も取れなかったです。
一回大規模ショッピングセンターを土木部、建築部が一緒になり仕事をしたことがあったのですが、このとき業務内容、勤務時間の差が歴然として驚愕。
そして、土木に転職することを考えるようになり、大手の転職エージェントを利用して転職をしました。

今在籍してる会社は昔に比べ小さい土木業オンリーなところですが、残業はありますがサービス残業は一切ないです。
通勤も自宅なら社用車を使うことができて、携帯もスマホ支給、有休もとれます。

世間体なことを言うと前の会社は大手でそちらの方がよかったですが、世間体は何も役立たず、まったく後悔してません。
世の中ブラック企業以外に優良企業がたくさんあり、いまでも転職前の会社の同期と連絡を取り合いますが、同機は転職タイミングを誤ったといってます。

30代/男性
前職は大手ゼネコンの設計部の就業住宅設計をしていたのですが、入社から3年後ぐらいからこの仕事に自分はむいてないのではと感じるようになりました。
今後自分が何をしていきたいかを考え、夢のためにお金を貯めたかったので、資金作りのために当時経験がなくても給料がいい運送業界に転職しました。

労働環境は180度変わって、一部上場の大手ゼネコン社員から零細企業の運送業界に転職し、いろいろな意味で信用度が低くなりましたが、給料は倍以上になりました。
不安だったのは全く異業種への転職で、大学卒までかなりバイトを経験したのですが運転手は初めてだったことです。
また、大学卒業後に大手ゼネコンに入った時には大学からの推薦入社枠で入社したため、就職活動も初めてだったので不安でした。
ただ、転職エージェントと転職サイトを利用したのでいろいろ教えてもらいながらスムーズに転職は終えることができました。

一つ転職前の自分に言いたいことは、自分の将来を見つめて自分が何したいのかということをしっかり考えることです。
私は都内で育って、公立学校に通い、親が建築関係の仕事をしていたため、その後を継ごうという思いで工学部の大学建築工学科で設計を学んだのですが、大きな会社で安定した生き方ができればいいといった思いがダメだったのだと感じています。
やはり、自分がやりたいことを妥協せずに選ぶことが大事だなと思いました。

40代/男性
41歳男性です。
ゼネコンからの転職の体験談をお話します。

20代前半の就職して間もないころは身軽なこともあって簡単に転職することができると思いますが、40代になれば多くの人は家族をもって生活レベルを落とすわけに行かずタイミング的に失敗を繰り返すことができません。
ですが、場合により転職を余儀なくされたり、転職しないと生活そのものが向上しないといった理由で行動を起こさなくてはならないケースがあります。

私は30代後半で結婚して40歳になって子を授かりました。
妻と私はお互い一人っ子で、また子供は故郷で育てたい、といった思いから両親の今後を考え41歳でUターンを決意しました。
タイミング的にリーマンショックが覚めない時期でしたので、地方で転職先を探すのは先が思いやられました。
また、長い間故郷を離れていたため、地元企業の実情を調べるすべなくネットで情報収集しました。

転職サイト、転職希望の業界をしらべる毎日。
中々希望をかなえられる会社はなくて、せっかく地方に戻ってもただの支店に勤めていたのでは転職した意味がないです。

また、気になったのは給与の低さです。
業界や職種や場所にもよりますが、やはり首都圏と比べると驚くほど給料が低いのです。
物価が安いといっても必需品の値段は首都圏と変わらないため、実質生活レベルは下げざるを得ないです。

そんな中、転職サイトを見ているとある企業に目が止まりました。
地方都市らしからぬ事業展開をしていたこともあり、ゼネコン時代に培った経験が活かせる会社だったのでその会社に応募し面談し無事転職できました。
給料は3割ほど落ちてしまいましたが、自然豊かなふるさとで子供を育てることができたので後悔のない選択ができたと思っています。

20代/男性
29歳男性です。
私の転職がうまくいった理由として、前の会社を辞めていまの会社に入るまで半年ほどブランクがあったのですが、失業保険も出て焦らず会社を厳選したことや、その時期に2つの資格を取ったことがうまく転職できた理由だと思います。
そのとき取得した資格は直接は建築には関わりはないのですが、関連の部署で重要度が高くて難易度高い資格のため選考の際に考慮してもらいました。

私は大手転職エージェントのリクルートエージェントを利用して地元求人を紹介してもらいました。
ここは求人数が多くて、地方優良企業の求人をピックアップしてくれるため、求人探しはエージェントに任せることが出来、めんどくさい手間を省くことが出来ました。

また、転職活動で良かったこととしては履歴書を工夫したことです。
履歴書は自分のキャリアを単に示すものではなくビジネススキルを示すものでもあり、昔ながらの慣例通り手書きで作るのはオススメしません。
パソコンで作り、強調したい箇所はゴシック体、求められてなくても職務経歴書をA41ページで分かりやすくまとめて提出しました。

また、面接対策はエージェントの方が事前に聞かれそうなことやウケの良い回答を教えてくれるため、動揺することなく話すことができました。
面接が苦手な人はエージェントの担当の人に事前に対策をしてもらうのをオススメします。
また、転職サイトで自分で一から会社を見つけるより転職エージェントを利用した方が効率よく自分にあった会社を見つけられるため、今回は本当に利用して良かったと思います。

Fotolia_151482132_Subscription_Monthly_M

実際にゼネコンからうまく転職できた方法としては、

  • HP上で求人情報を探す
  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

ゼネコンで働くあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

ゼネコンの人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

ゼネコンの人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【建設・住宅・不動産業界の求人情報】
r-agent-hikokai1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は建設・住宅・不動産業界のため、他業種や他職種を希望している場合はより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。