栄養士を辞めたい…!管理栄養士の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_109187925_Subscription_Monthly_M

栄養士・管理栄養士の仕事をしているけど、

「もう栄養士なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる栄養士の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの栄養士の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる栄養士の方のために、

「栄養士を辞めて他業種に転職成功した人」
「管理栄養士のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

栄養士を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_122250251_Subscription_Monthly_M

実際に「栄養士を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/女性
私は管理栄養士で高齢者の福祉施設で働いています。

毎日の食事を利用者の人がとても楽しみにしてくれて充実して仕事していましたが、わたしの父が要介護になったことがきっかけで直接的介助を私がして密接にかかわりたいと思って転職を決意。
介護の仕事は無資格で採用してくれるところも多数ありますが、基本的知識は身につけておいたほうがいいと思い、ヘルパー2級取得して転職しようとしました。

私の母が職業安定所の訓練でヘルパー2級取得していたのを知っていて、それを利用することに。
職業安定所でヘルパー講座受ける前に求人チェックしたところ、介護に関する求人は不景気の時でもたくさんあり、これなら自分の希望の会社が見つけられると思いました。
実際取得したところ求人は多く、自分の希望の条件に合う会社を訪問しそのうち1社で働くことに。

介護現場は人手足りず、自分の方で会社選択できる幅が多いのも魅力です。
採用された会社を選んだのは、病院経営の施設であり、医師や薬剤師やリハビリ職員など専門家が講師になった研修で、介護現場で役立てる知識を教えてもらえるのが魅力。
いまはケアマネージャーの資格を取りたいとかんがえています。

40代/女性
41歳女性です。
栄養士養成の専門学校(勤務期間約3年、実験助手)に勤務しています。

職員のほとんどが女性の職場でした。
新入職員に対しては、儀式のごとく嫌がらせがあります。
それを乗り越え、仕事にも慣れてきた時、給料の安さに気が付きました。
タイムカードなどはないので、早出や残業もボランティアです。
もちろん勤務時間内には終わらないので、自宅に持ち帰っての仕事もあります。
次第に疲れが出て、退職する運びとなりました。

転職活動としては、派遣会社に登録しました。
無料の講習などがあり、仕事が決まるまでの間も陰にこもることなく過ごせました。
スタッフの方もとても親切だったのでとても良い会社でした。

転職後は、職場の中に同じような派遣社員の方がいたので、気後れすることはなかったです。
また、社員の方に直接言いにくいような事(仕事の内容など)も、派遣のスタッフがこまめに聞きに来てくれるので仕事がしやすかったと思います。

転職のコツとしては、仕事を辞めてすぐの時は、派遣に登録するのも一つの手段だと思います。
ただ、まだ年齢も若く今後も仕事を続けていきたいのであれば、正社員の道もあきらめるべきではないと思います。
派遣は、短期的には時給も高く給料も多く感じますが、賞与などの面を考えるとやはり正社員のほうが有利です。

nurse7
30代/女性
30代女性です。
管理栄養士の資格を取り病院で栄養士の仕事をしていたのですが、人の健康に対し何か別アプローチの方法はないかと思うようになり、いったん前職をやめバイトをしながら何となく興味あったアロマセラピー、リフレクソロジーの学校に通い出しました。

通ううちどんどんそこの面白さに引き込まれて、これを生かせる仕事したいと思うようになりました。
前は栄養=食べ物により体内部から健康にかかわる仕事でしたが、今度は体外側から健康にかかわることをしてみたかったのです。

私の中で健康にかかわる意味で共通の仕事でした。
そうした仕事なので、栄養士での経験も何らかの形で今の仕事にプラスになるとおもったのです。

また、実際に仕事を始める前の研修が充実しており、未経験でもお客さんの前に出せる状況までしっかり研修してくれて、わたしみたいな学校に通った人でなくてもこの仕事をしたい気持ちさえあれば全く平気です。
そして、お客さんからの反応が直接いただけるのがよくて、ありがとう、とても気持ちよかったなど言葉もらえばとてもうれしいです。
そうした感謝の言葉を聞けるのはこの仕事ならではです。
逆に大変なのは体調管理で、コンディションを一定にすることが大事です。
どの仕事も大変なことはありますが、自分に合った仕事をしっかり見つけることが大事だと思います。

20代/女性
昔から夢がなく、そこをみかねた高校教師から英語科か行くか、栄養科ならどれがいいかと尋ねられ栄養科に決めました。
無事卒業後幼稚園で働いて、献立作成、調理作業と自分より年上のおばちゃんたちをまとめ栄養士の仕事をしました。

栄養士の仕事に不満があったのではなく、その時同棲してた彼がおり、仕事でも家でも同じ献立作りや料理を作り事に飽きてきました。
今後結婚して共働きになれば、毎日1日中食事だけ考えることになるのかと不安になり、栄養士の仕事は1年ごとの更新契約内容でしたから、転職エージェントに登録して転職先を探しました。

学力に自信はなかったですが、人と話すのが好きだったので宝石店の販売の求人に応募。
面接を2回受け無事転職することができました。

転職先はブライダルジュエリーが専門で、結婚した方が赤ちゃんが生れたことでベビーリングを買いにきたり、結婚10周年をお祝いするダイアモンドなどのプレゼントを買いに来たりして、接客は平日なら2組ぐらいです。
なんだかんだでお客さんと話すのは楽しいので、転職して正解だったと思います。

20代/女性
元から介護の勉強はしたことなかったのですが、栄養士から転職しました。

私がこの世界に転職した理由は、栄養士として病院で働いてるとき、入院者の食事をつくるのが主な仕事でしたが、ろくに顔を知らない人に食事形態、カロリー、食事制限の有無を見て食べてくれる方の顔も知らず食事を作ってる自分に疑問があったからです。
病院は高齢者が多くいるので、食事を作る前にどういう方が食べてるか知りたいと思ったのが介護職を志した理由でした。

介護を何も知らない私は、就職すればおじいちゃんたちとゆっくりお茶したりレクレーションしてゆっくり時間おくるものと思っていたのですが、現実は時間に縛られ体力的にきついものばかりです。
実際、食事介助やおむつ交換やトイレ誘導などの繰り返しで、理想、現実のギャップに悩む状況でとても辛かったです。

介護の仕事を辞めようとしたのは、体力的につらかったり、上司の理不尽な説教があったり給料が安かったりするのが理由です。
こうしたことを聞いて、介護の仕事のデメリットがあふれてるように思えるでしょうが、どの仕事にもある問題です。

私は栄養士から介護の仕事に転職しましたが、当たり前ですがどの仕事も外から見ると楽しそうですが、実際に働いてみると想像以上に大変な仕事ばかりです。
今度の転職は失敗したくないと思い、先日大手の転職エージェントに登録し、担当の人に自分に合ってる仕事などを相談しながら慎重に進めています。

Women are suffering while watching the smartphone

実際に栄養士からうまく転職できた方法としては、

  • 職業安定所、ハローワークを利用する
  • 派遣会社に登録する
  • 専門学校に通う
  • 転職エージェントを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

栄養士のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

栄養士が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

栄養士の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【流通・飲食・消費財・店舗サービス業界
の求人情報】
hairdresser1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は「流通・飲食・消費財・店舗サービス業界」のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。