歯科助手を辞めたい…!歯科助手の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_97776157_Subscription_Monthly_M

歯科助手の仕事をしているけど、

「もう歯科助手なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる歯科助手の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの歯科助手の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる歯科助手の方のために、

「歯科助手を辞めて他業種に転職成功した人」
「歯科助手のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

歯科助手を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_131009984_Subscription_Monthly_M

実際に「歯科助手を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

10代/女性
高校を卒業して歯科助手の仕事をしていました。
高校に来る求人で面接を受けて、卒業ギリギリで無事に受かった職場でした。

私が働いていたのは子供歯科で、院長と私含めて5人の歯科助手が居る小さな歯科医院でした。
仕事は失敗ばかりで、院長に怒鳴られる毎日でした。
子供の患者さん、ご両親の前でも大声で叱られてばかり、仕事には自信がありませんでした。
毎日とにかく必死でした。

歯科助手の仕事は歯科衛生士とは違い、出来ることが限られます。
私たち歯科助手の仕事は、子供が治療を怖がらないように優しく話しかけたり、院長の助手だけでした。

仕事に慣れてからもレントゲンの写真を撮ることには苦労しました。
レントゲン写真に失敗するたび院長に怒鳴られて…仕事が出来ない自分が嫌になりました。

水曜日と日曜日が休みでしたが、給料は手取りで10万円…。
高卒なので仕方がないですが、給料の安さと院長に毎日怒鳴られることがストレスで1年で辞めることにしました。

転職先に決めたのはパチンコ店店員です。
求人雑誌を見て全く違う業種に挑戦することにしました。
手取り10万円だった私は、パチンコ店の給料の高さに惹かれたのです。

面接は無事に受かり、スムーズに新しい仕事が決まりました。
私は歯科助手から接客業に転職したので、面接ではとにかく元気に、笑顔でハキハキ答えることを心がけました。
笑顔でいると自然と緊張もほぐれるので、笑顔は大事です!

若いうちに転職して、色々な経験をして、歯科助手の仕事をしていたことも私にとって良い経験となっています。

30代/女性
現在は30歳の女性で、歯科助手として働いたのは25歳から26歳の約1年間です。

県外で新卒で勤めていた特別養護老人ホームを退職して実家に戻り、ハローワークで応募して採用に至り、歯科医師や歯科衛生士さんの傍で器具の受け渡しやバキュームなどの補助、予約の電話応対やレセプトや来院患者応対がメインの業務をしていました。

辞めたいと思った理由は、医師が気分屋で患者さんの前であっても怒鳴り散らす人だったことです。
しばらく我慢して耐えていたのですが、ストレス性胃炎を診断されたことをきっかけに1年頑張って辞めた形です。
職員の入れ替わりの多い職場であり、無資格の歯科助手に対して、違法行為ギリギリととれることまで要求されることに耐えきれなかったからです。

元々私は福祉・医療に関心がありましたが、特養で腰を痛めているためヘルパー等は向かず、転職エージェントに登録し、ヘルパー以外の仕事を担当の人に紹介してもらいました。
個人病院の医療事務の求人をメインに紹介してもらい、今度は非正規社員でありましたが、整骨院の受付兼事務員として採用され現在に至っています。

転職してよかったところは、人間関係が悪くないし、無理難題をやらされそうにならないところです。
人間関係は可もなく不可もなくですが、普通がこんなにもありがたいことを身に染みて実感しています。
患者数により勤務時間を超えることもありますが、腰にも負荷がかからないし、仕事内容にも慣れてきたのである程度職場生活も充実しています。

上手く転職するためには、退職理由や応募理由を聞かれたら、嘘と真実を踏まえた内容を話すことです。
真っ赤な嘘をついてはダメだけど、馬鹿正直に退職理由を答えるとよくないので、履歴書は正直に書き、面接時にこちらから余計なことは語らず、聞かれて答えにくい質問に嘘と真実を交えて語ると上手いこと伝わると私は感じました。

Fotolia_109187925_Subscription_Monthly_M
20代/女性
高校を卒業後、私は家の近くにある歯科医院に就職して歯科助手として働きました。
しかし、その歯科医院は院長がとても厳しく、仕事を始めたばかりで慣れない私に対して容赦なく怒ってばかりで、患者さんの前でも怒鳴られる事が多々ありました。

また、歯科衛生士の方も性格のきつい方が多く、打ち解ける事ができず、わからない事を質問しても「そんなの見て覚えてください」と言われるだけでした。
それでも私は一生懸命がんばり、仕事を完璧に覚えようと必死に努力しました。

しかしある日、院長に患者さんの歯石除去をやるように言われて私は驚きました。
歯科助手は衛生士と違い、患者さんの口に触れる事は許されず、本来なら違法になるような行為です。

もちろんその事をちゃんと伝えましたが、院長は「いいからいいから」と言うだけで、違法行為をしているという意思が全くないようでした。
結局、その場は手が空いた衛生士にやってもらいましたが、私は正直「こんな仕事やめたい」と思うようになっていました。

しかし転職しようにも当てがなくどうしようかと思っていた時、なんと近所に新しい歯科医院ができたのです。
私は思い切って勤務していた医院を辞め、新しくできた医院に転職しました。

そこは小児歯科で院長はおおらかな感じの方で、他のスタッフも感じの良い人ばかりでした。
もちろん慣れないうちは怒られる事もありましたが、それでもわからない事は丁寧に教えてくれて、前の医院よりも居心地の良さを感じました。

20代/女性
歯科助手を辞めた友人の体験談です。
友人は歯科助手として3年間勤めておりその後転職をしました。

転職するきっかけとなったのは、助手として働いていますと、歯科医師や衛生士の先生が治療中に使用する器具の準備や器具を渡す作業がそうですが、その器具などが幾つもあり名称を中々覚えられずにいて良く失敗ばかりして前々から転職を考えていたそうです。

ある日の事ですが、体調が悪い日があったそうで、その時に何回も違う器具を準備してしまったそうで、それで歯科医師の先生と大揉めをしたそうです。
その日以来歯科助手の仕事から雑用係の仕事ばかり与えられ、歯科助手の仕事をしても失敗が恐怖となってしまったそうです。

そこで転職する事を決めたそうです。
転職後の仕事には相当悩んだようで、結局の所歯科助手として働いた経験を生かす事にしたとの事でした。

求人サイトを使い転職先には歯科の事務を選び転職しています。
転職後は事務作業や受付の担当をしており、時には患者様からの質問にも答えているそうです。

歯科助手として働いていた時には患者の対応は勿論していたのですが、基本的には医師や衛生士が中心となっていたので、やりがいを感じているそうです。
また、人手が足りない時には助手の仕事も任され、今では事務の仕事がメインとなっているので、失敗の恐怖心も薄れているとの事でした。

20代/女性
22歳、女性です。
歯科助手は高校を卒業してからすぐに始めて3ヶ月ほどしていました。
辞めることになった理由は先生の雑務が多すぎたことです。

私の歯科医院では、先生の部屋の掃除や先生のお弁当の片付けなどをしなければいけませんでした。
先生のお弁当はよく食べ残しがあり、それを捨てるということもしました。
いくら手袋をしているからと言ってもとても嫌な気持ちになりました。

他にも先生のトイレの掃除もしなければいけませんでした。
先生は便座をあげたままが当たり前で、ドアを開けると便座があがったままになっていたり、良い気分ではないことが多かったです。
一緒に働いている人たちは全く気にしていない様子でした。

先生の愚痴は言うものの、雑務が嫌だという話は聞いたことがありませんでした。
私は毎日嫌な思いをしながらこなしていたのですが、その雑務以外にも先生の助手をする時の文句が酷くて嫌になりました。
嫌なことが次々に起きて辞めることにしました。

すぐに仕事が見つかることもなく、探しながら資格の勉強をしました。
そして勉強があるのでバイトを友達に紹介してもらうことにしました。
友達の紹介ということですぐに採用されました。
接客業でした。

そこは友達がいることから周りの人ともすぐに仲良くなれたので楽しく仕事ができました。
転職して正解だと感じました。
すぐに働きたい場合は友達に頼んでもらうことも1つの方法だと考えます。

Fotolia_141588272_Subscription_Monthly_M

実際に歯科助手からうまく転職できた方法としては、

  • 求人雑誌を利用する
  • 転職エージェントを利用する
  • 近所の歯科医院で働く
  • 求人サイトを利用する
  • 友人に紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

歯科助手のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

歯科助手の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

歯科助手の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。