料理人を辞めたい…!料理人の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_52044224_Subscription_Monthly_M

料理人として働いているけど、

「もう料理人なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」
「忙しすぎて休みが少ない…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる料理人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの料理人の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる料理人の方のために、

「料理人を辞めて他の職種に転職成功した人」
「料理人のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

料理人を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「料理人を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
寿司職人としてお店で5年ほど働きましたが、その後に転職をしました。

お店は昔ながらの頑固なお店で、どちらかというと高級店でしたので、カウンターで握れるようになるまでは1年くらいかかりました。
高校を卒業後に弟子入りする形でお店には入りました。
昔ながらのお店のせいか教育にはとても厳しく、住み込みのような形で働いていました。

仕事内容はお寿司を握るのと出前配達に店内の掃除などがメインです。
お店はお寿司の値段が高いせいか不況の影響でお客が激減してしまい、いきなり仕事も減って給料も減らされたので辞める事にしました。
ただ、寿司屋は結構人気商売みたいな部分もあるのでこういうのも仕方がないと思いました。

その後はもう料理人は辞めてしっかりとした会社で働こうと思い転職活動をしました。
まだ20代で若かったこともあり、転職エージェントの担当の人からは色々な会社を紹介してもらい面接を受けました。
その中でインターネットの会社に採用されました。

飲食業とは違う業界ですが、インターネット業界は新しいことばかりでとても充実した毎日を送れています。
自分が知らないことがこんなにもあったのか、と毎日いろんな知識を勉強できています。
また年収も100万円ほど上がって労働時間もかなり減ったのでとても満足しています。

料理人になることにこだわりがなければ、異業種の仕事をしてみるのも良いと思います。
また、転職するときは転職エージェントを利用した方がいいです。
履歴書の書き方や面接の練習もしてくれますし、担当の人がとても頑張ってくれるのでありがたかったです。

30代/男性
30代前半からチェーン店経営のレストランで5年ほど料理人をやっていましたが、過労で体を壊して退職をしました。

私は洋食でも和食でも一通り作れたので店長に抜擢されましたが、仕事の忙しさは想像以上でした。
料理や会計だけでなく新人のコックの教育も任されていて、とにかく毎日忙しかったです。

流石に売り上げのノルマまではありませんでしたが、売り上げが極端に下がった月には本部に呼び出されて色々と注意を受ける事もありました。
残業も1日で2時間から3時間は当たり前で、料理長の私はお店の状態を定期的にレポートする必要があったので、休日はそのレポートを書くのも大変でした。

飲食業は過労で体を壊す人が多いと聞いていましたが、自分も店長になってからはかなり体の調子が悪くなっていきました。
体を壊した後に妻と相談して勤めていたレストランを退職する事にしましたが、今思い返せば名ばかり店長だったような気がします。

転職活動は体が完全回復した後にやったので2ヵ月ほど無職でしたが、失業保険が出たので助かりました。
転職先は知り合いに紹介してもらい、チェーン店ではなく個人の飲食店の正社員になりましたがこちらの方が精神的には楽です。
自分としてはチェーン店の飲食業の店長になるのは、あまりおススメできません。

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M
30代/男性
25歳の頃から中華料理屋で料理人をやっていましたが、5年くらいで退職をしてしまいました。

自分が勤めていた中華料理屋はオーナーが中国の方でしたが、かなり人気があるお店で平日も休日もかなり忙しかったです。
最初の仕事は皿洗いや雑用ばかりでしたが、1年くらいで料理も任されるようになり、以前から憧れていた中華料理の料理人になる事ができました。

ただ、料理人と言っても料理を作っている時は全く楽しく無かったですね。
最初から材料も作り方も決まっていて、上から言われた事を指示通りにやるだけですので、皿洗いや雑用に比べて仕事は少し楽になりましたが、全く料理人としての満足感はありませんでした。

仕事内容の不満も辞めた原因のひとつですが、その中華料理屋は中国人がオーナーのせいかいい加減な部分があり、給与の支払いが遅れる事が多かったです。
酷い時は1週間近く遅れる事もあり、こういうのも自分としてはかなり嫌でした。
厨房の掃除もいい加減で不潔な事が多かったです。

転職後は有名なチェーン店のカレー屋で働くようになりましたが、こちらはお店がとても衛星的で給与の支払いが遅れる事は全く無いので以前の中華料理屋に比べたら、とても働きやすいです。
飲食業の求人は求人雑誌でも比較的多いので、そちらに応募すればすぐに採用されました。
そこまで転職は難しくありませんでした。

30代/男性
イタリア料理専門の料理人として長い間下積みをして、外国でも修行をした後に自分のお店を30歳で持つ事ができましたが、経営がうまくいかずに料理人を辞めてしましました。

小さいお店で従業員は自分とバイトの2人だけのお店でしたが、最初はかなりお客さんが入ってくれました。
お店を開いたのが少し田舎で、その街にはイタリア料理のお店が珍しかったせいかもしれません。

仕事はとても忙しく、オーダーや接客などは雇ったバイトがやってくれますが、料理は基本的に全部自分がやらなくてはいけませんでした。
閉店後にはお店の売り上げの計算や厨房の清掃なども全部自分1人でやっていました。

しかし、お店をオープンして3年後くらいにお客さんが減ってきて、近所の大きなデパートのフードコートにもイタリア料理専門店ができてしまい、そちらにもお客さんをかなり持っていかれてしまいました。
お客さんが減った理由を自分で色々と考えましたが、自分としては料理の味が落ちたような気はしなかったので、単純に常連の方に飽きられたのかもしれません。
その後は自分なりにメニューを変えたりして工夫しましたが、うまくいかずに赤字が続くようになってしまったのでお店を閉店する事にしました。

流石に赤字の状態でお店を続ける勇気は自分には無かったです。
料理人を辞めた後は転職エージェントと転職サイトに登録して異業種への転職活動をしました。
転職先は転職エージェントのコンサルタントに紹介してもらい、食品メーカーの仕事に就きました。
料理人とは全く仕事内容は違いますが、人間関係も良好でしっかりと給料も出るので、とても満足のいく転職だったと思います。

40代/男性
地元で長年うどん専門の料理人として働いていましたが、体力的にうどん屋を続けるのは難しくなり転職をしました。
30歳くらいで自分のお店を持ち40歳近くまで働いたので、本当にうどんばかり作っていました。

自分の店は地元では手打ちのうどん店として有名でした。
生地から手作りで作るスタイルですのでかなり体力は使います。
注文をとったり料理を運ぶのは妻がやってくれましたが、それでも一日が終わる頃にはヘトヘトになる事が多かったです。
お店を継いでくれる息子がいればよかったのですが、自分の家は一人娘がいるだけでしたのでいい跡継ぎはいませんでした。

転職をせずに早期リタイアも考えましたが、40歳を過ぎた私でも地元のタクシー運転手に転職する事ができて良かったです。
転職は地元にあるハローワークに通いましたが、そこでタクシー乗務員募集の求人を見つける事ができました。

タクシー運転手は平均年齢が高いので40代の人にも転職にはおススメですね。
月の半分はお休みですので、以前に比べたら体力的な負担も少ないです。
給料は毎月15万程度ですが、タクシー運転手として、第2の人生を送ろうと思っています。

Fotolia_137556324_Subscription_Monthly_M

実際に料理人からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 知り合いに紹介してもらう
  • 求人雑誌を利用する
  • 転職サイトを利用する
  • ハローワークに通う

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

料理人のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

料理人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

料理人の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

流通・飲食・消費財・店舗サービス業界の求人情報】
r-agent-hikokai9

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は流通・飲食・消費財・店舗サービス業界の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。