臨床心理士を辞めたい…!臨床心理士の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_90725837_Subscription_Monthly_M

臨床心理士の仕事をしているけど、

「もう臨床心理士なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる臨床心理士の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの臨床心理士の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる臨床心理士の方のために、

「臨床心理士を辞めて他業種に転職成功した人」
「臨床心理士のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

臨床心理士を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Nurse to encourage wheelchair patients

実際に「臨床心理士を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/男性
大学も心理学を専攻していたこともあり、将来の職業イメージを想定することなく臨床心理士の試験御受けて合格、そのまま大学に残って研究を続けることにしました。

大学の先生についてそのまま大学で努めていくことも考えたのですが、30歳を前にして、せっかくの資格を実社会で活用しないのは非常にもったいない、また資格保有者の意味がないと考えるようになったのです。
もちろん、大学の研究生としての給与や将来に不安を覚えたこともあります。
そこで、先輩が私設で開業した心理相談所にカウンセラーとして就職することにしました。

実際に顧客としては、子育てに悩む母親、ドメスティックバイオレンス(DV)に悩む奥さん、LGBTであることを打ち明けられない方など、本当に困っている方がたくさんいることがわかりました。
大学の研究員のころと比べると、さまざまな心の動きを抱えている方々が多いことに驚きをもちました。
ただ自分自身を頼りにして、まさしく心のよりどころとして頼ってもらえることがやりがいにもなっていました。

しかし、働くにつれて仕事が自分のキャパ以上になり、人の悩みを聞く以前に自分のメンタルが参ってしまい、このまま続けるのは難しいと思い転職を決意しました。
思っていた以上にカウンセラーという仕事は甘いものではなく、仕事が重荷になってしまいました。

転職先は、やっぱり人と関わる仕事がしたいと思い、営業職やコンサルタント業務の仕事を探しました。
大手の転職エージェントに登録し、自分の希望に合う会社を何社か紹介してもらい、そのうちの一社に採用されました。

30歳手前だったので転職は難航するかと思っていましたが、思っていたよりかはスムーズに転職先も見つけられました。
ただ、やっぱり転職を考えているなら年齢が若いうちが有利らしいので、今の仕事に悩んでいる人はすぐにでも転職活動を始めるのをお勧めします。

20代/女性
私の元上司で臨床心理士の三十路半ばの女の先輩は、3年間精神科病院で臨床心理士として勤めた後、同職種ですが小児クリニックへ転職しました。

精神科病院での仕事内容としては、主にデイケアの企画・運営や送迎をし、心理検査のオーダーがくればそちらの方にも掛け持ちで行くという感じで、とりあえず人手がかなり少ない割に周囲のスタッフが誰も助けてくれない状況でした。
それだけ働いても手取り15万無い程度なので、一人暮らしの身には応えたみたいです。

また、対象患者が高齢者ばかりだったというのも、先輩曰く「成長する」という場面が無いので面白みが無く、幼児に寄り添い「一緒に成長していく」感覚を味わいたかったそうです。
転職先は小児クリニックへ行けたので、日々子供とデイやら検査やらカウンセリングやらで関わることが出来て満足そうでした。

うまく転職するためのアドバイスとしては、転職しようと決めたら徐々に仕事を周りに振っていくことですね。
カウンセリングなど相談系の仕事を持っていると、いきなりいなくなると患者さんを不用に混乱させたりするので、担当を変わってもらったりするのがいいかなと思います。

なので、転職しようと思ったら、まずは近場の上司か同僚に早いこと転職先が決まっていなくても「転職の意思があること」「そのために転職活動をしていること」などは話しておいた方がいいかと思います。
相談系の仕事などは引き継ぎなどに時間がかかりますし、引継ぎメモとして資料を作っておいてあげた方が嫌な顔はされないと思います。

ちなみですが、臨床心理士は、働きたい場所にこだわるのなら結構狭き門というか求人自体がどこもあまり大々的にしていないので、転職サイトはさることながら知人の紹介や転職エージェントでの紹介を重要視していった方がいいです。
「私はこういう仕事をやりたいので何か良い話とか空きがあれば教えて下さい」と挨拶まわりしておけば少し優位だと思います。

Fotolia_137494315_Subscription_Monthly_M

実際に臨床心理士からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 友人に紹介してもらう

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

臨床心理士のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

臨床心理士の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

臨床心理士の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。