調理師を辞めたい…!調理師の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_122475471_Subscription_Monthly_M

調理師として働いているけど、

「もう調理師なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」
「忙しすぎて休みが少ない…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる調理師の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの調理師の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる調理師の方のために、

「調理師を辞めて他の職種に転職成功した人」
「調理師のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

調理師を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「調理師を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
私は27歳、女性の会社員です。

大学を卒業した後、飲食店で4年間調理師として働いていました。
和食料理店だったので、魚をさばいたり寿司や天ぷらを作ったりしていました。
正社員だったこともあり、シフトの作成や食材の仕入れなど調理以外の仕事もしていました。

私が調理師を辞めたいと思った理由は、仕事があまりにもハードだったからです。
朝9時からランチの仕込みをして、お昼の営業が終わると夜の仕込み。
夜の営業が終わって片付けをして帰ると、日付が変わる前なのが当たり前でした。
休憩時間が長くても拘束時間が長く体は休まりませんでした。

最初は覚えることが楽しかった仕事が、2年を過ぎた頃から作業の繰り返しになっていました。
休日も年間100日を切るような環境だったので、普通の会社で働きたいと転職を決めました。

転職活動としては、働きながら半年かけて簿記の資格を取り、並行して転職エージェントに登録して運良く未経験で入れる企業に入社することが出来ました。
今ではカレンダー通りの休日で、仕事も定時には帰れるので生活がだいぶ楽になりました。

調理師免許を持っていても、異業種に転職を考えている場合それは全く意味がありません。
もし転職を考えている方は、転職活動をしながらパソコンや簿記など必要な資格を取得することをオススメします。

20代/男性
高校を卒業後に調理師学校に1年間通い、その後調理師学校で紹介されたレストランで働くようになりましたが、1年半で退職をしてしまいました。

勤務時間が異様に長いレストランでしたので、プライベートの時間はほとんどなく、ランチタイムなどは混雑をするので特に忙しかったです。
自分は早番でしたが深夜の居酒屋のバイトもやっていたので、ほとんど寝る暇もありませんでした。

体力にはそれなりに自信はありましたが、それでも次第に体の調子が悪くなってしまい、レストランでの仕事中に一度倒れてしまいました。
忙しかった時は好きだった料理もやっつけ仕事みたいな感じになっていたので、あまり精神状態が良かったとは言えませんでした。

転職後は、レストランではなく拘束時間が短いチェーン店の飲食店で働くようになりましたが、こちらのチェーン店は以前のレストランほど激務ではないので料理もある程度は自分のペースで作る事ができます。
調理師免許を持っていたので、転職エージェントや転職サイトを使えばスムーズに転職ができました。
飲食店で働く場合は必ず調理師免許が必要な訳ではありませんが、同業種に転職するならやはり免許を持っていた方がいいですね。
雇う側も免許を持っている人の方が安心できるようです。

Fotolia_129048246_Subscription_Monthly_M
20代/女性
私は結婚式場のパティシエをやっていました。

仕事内容は、ウエディングケーキ作りと提携しているデパートの洋菓子店用のケーキ作りです。
1日の流れは平日と土日で違います。
平日は午前中に提携先のデパート用ケーキを作り、午後は婚礼用ケーキの準備(飾り作りなど)です。
土日の午前はデパート用のケーキ作りを早めに切り上げ(やっていることは平日とあまり変わらないのですが)、午後のウエディングケーキに専念できるように準備します。

結婚式は毎週約10個の会場をフルに使い、土日合わせて40件。
繁忙期は50件のときもありました。
飾ってもらったウエディングケーキを1人で時間通りに運びます。
時間を見て行動する基本を身につけるため、下っ端1人に任せられます。

労働時間は長く、朝の6時~20時ぐらいまで。
当然サービス残業です。
重労働、低賃金なのは覚悟の上で就職しました。
大好きなケーキを作れる仕事に就けて満足していました。

しかし、唯一耐えられなかったのが朝から晩まで怒られ続けることです。
新人を注意する、時には叱るのは大切なことですし、それをしない優しすぎる職場もどうかと思いますが、理不尽に人格まで否定されてしまうのです。

また、お客様との接点があれば心が救われたのでしょうが、全く接することのない地下に隔離された厨房でした。
お客様の様子はカメラで写された映像のみでした。
日々の疲労と精神的な苦痛により、耐えられなくなり退職してしまいました。

今こうして思い返しても嫌な思い出ですが、20代前半に経験できたことはよかったと思います。
今は専業主婦をしている私ですが、この経験をしたことで大概の事は大したことに思えず今家庭内は平和です。
人に優しくなれるし、一歩引いて物事を見れるようになりました。
一回りも二回りも成長できたと思います。

20代/女性
高校を卒業後に飲食店で実務経験を積み、調理師試験に合格して大きなレストランに就職が決まりましたが、仕事内容は予想以上にハードでしたので女性の私はついていけずに2年ほどで辞めてしまいました。

実務経験を積んでいた飲食店はバイトでしたのでそれほど忙しくなくのんびりと働けましたが、人気のあるレストランだと全く環境が違いました。
1日12時間を超えるような勤務を毎日続けていて、職場に女性の方はほとんどいませんでした。

自分が勤めていたレストランでは、重い調理器具などは男性の方が運んでくれる事が多かったですが、女性だから勤務時間が短縮されるような事は全く無く、仕事が終わった後はほとんど家でぐったりしている事が多かったです。
プライベートの時間も少なく、まだ若かったのでやはりこういう生活には次第に嫌気がさすようになりました。
この時に、やはり飲食業は女性には厳しい世界だと言う事がよくわかりました。

レストランを退職後には、求人サイトを使って自分と同じ年代の女性も多く働いているカフェの方に転職をしましたが、こちらは都会的でお洒落なカフェですので労働環境としてはとてもよかったです。
仕事が終わった後も同期の女性の方と遊びに行ったりできるので、以前と違いプライベートも充実するようになりました。

20代/男性
神奈川県の調理師学校に1年通って調理師免許を取得しました。
学校では1年通えば取得可能ということで、今後のためを思い免許を取りました。

1年通いということで、教室は様々な年齢の方、様々な個性を持った方々の集まりでもありました。
まじめに学校に来て衛生管理や実習を学ぶ人もいれば、ぜんぜん学校に通わず、出席日数だけうまく満たせるようにしている人や、驚きだったのがクラス20人中3人が不登校になっていたことです。

そんな中、無事卒業して免許取得をし、とある中級ホテルの日本食レストランに就職しました。
洋食、中華などにも興味がありましたが、刺身やてんぷらを扱う日本料理が昔から好きだったので日本食を選びました。

飲食業に就職するのは初めての事だったのでいろいろな驚きがありました。
ランチタイムは11時から始まるのでその前に自分たちの昼食。
14:00~16:30までは中抜き。
包丁は毎日研がれているので切れ味がすごいなどなど。
良かったのは、となりに洋食レストランがあるので洋食調理師の先輩方とも交流ができたこと。

しかしながら、このレストランをやめて異業種に転職しようと思ったきっかけはやはり人間関係です。
料理人の方は他から来て出稽古のように回る人がいて、そういった人に嫌な思いをさせられたりして、その時誰もフォローもしてくれなかったことです。

元々自分が思い描いていた料理業界の理想と現実のギャップに何度も悩まされました。
今になってはいい経験です。
これから調理師を目指す方は、料理店で見習いをしながら免許をとる方がいいかもしれません。
免許だけでなく技術も見につきますから。

転職先は転職エージェントを使いWeb関係の仕事に就くことができました。
転職先の会社では人間関係も良好で、我慢せずにもっと早く転職した方がよかったなと後悔しました。

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M

実際に調理師からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 求人サイトを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

調理師のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

調理師の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

Fotolia_113185145_Subscription_Monthly_M

調理師の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【流通・飲食・消費財・店舗サービス業界の求人情報】
r-agent-hikokai9

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は流通・飲食・消費財・店舗サービス業の求人のため、他業種や他職種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。