介護福祉士を辞めたい…!介護福祉士の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_150441575_Subscription_Monthly_M

介護福祉士の仕事をしているけど、

「もう介護福祉士なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる介護福祉士の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの介護福祉士の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる介護福祉士の方のために、

「介護福祉士を辞めて他業種に転職成功した人」
「介護福祉士のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

介護福祉士を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

実際に「介護福祉士を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

30代/女性
介護福祉士の資格を取得してすぐに特養に正社員として就職し、5年ほど勤務していました。
ケアユニット式の特養だったので、10人の入居者のケアをだいたい2名で行なっていました。

人間関係にはある程度恵まれた職場でしたが、夜勤の頻度が高く体力的に持たなくなってきたこと、入浴介助やトイレ介助の際に腰を痛めてしまってからは常に慢性腰痛に悩まされていたことなどが重なり、このままでは本当に体を壊してしまうという危機感から転職を決意しました。

介護福祉士からの転職では同じ職種への転職が一般的ですが、精神的にも肉体的にも負担が大きい介護職からは足を洗いたいと思ったので、一般事務職への転職を希望しました。
転職サイトに登録して転職活動をスタートさせたのですが、最初の半年ぐらいは思ったような仕事がなかなか見つからず焦りを感じていました。
転職サイトだけでは難しそうだったので、大手の転職エージェントに登録して担当の方に自分に合った転職先を紹介してもらい、やっと地元のヘルパーステーションの事務職の仕事が見つかりました。

今までの介護福祉士としての仕事の知識をそのまま生かして仕事ができるので、初めての仕事でもとてもスムーズでした。
納得できる仕事へ転職できた要因としては、やはり転職エージェントの担当の人が良い転職先を紹介してくれたからだと思います。
転職サイトや求人雑誌に載っている求人情報はごく一部だったので、うまく転職エージェントを利用すると効率的に転職活動が行えると思います。

40代/女性
現在41歳ですが、22歳~28歳まで、デイサービスや特別養護老人ホームで介護福祉士として働いていました。

仕事自体は楽しかったのですが、結婚を考えるようになり、家庭を持って介護福祉士の不規則な勤務をこなすのは厳しいと思うようになりました。
特に夜勤が16時~9時と長かったので、将来子どもを持った時には到底できない仕事だと思い、結婚による退社の意志を伝えてから転職活動を開始しました。

介護福祉士としての経験を活かし、福祉系の職場で働くか、以前から興味があった子ども相手の職場を見つけるか迷い、同時進行で探していきました。
利用したのは、福祉系は福祉人材センター・バンク、児童系はと求人広告と求人雑誌です。

途中で友人から市や県庁が募集している福祉系人材の求人を知り、お給料が良かったため福祉系はそちらに絞り公務員試験の勉強をしました。
書店で公務員試験の過去問を購入してひたすら問題を解きましたが、一般知識の問題が大学入試レベルでもうすっかり忘れていたためかなり苦労しました。
ただかなり勉強したため、県庁の募集に無事突破して面接までいきました。

介護福祉士をしていた時の経験はかなり突っ込んで聞かれました。
介護をしていた時に大切にしていたこと、苦労したこと、無理を言う利用者への対処法などです。
また、県の福祉課での採用だったので、福祉に関する話題のニュースについての考えや感想も詳しく聞かれました。

同時に勧めていた児童系の求職は、幼児教室での面接にいきました。
こちらは全く知識がありませんでしたが、子どもに接したいという熱意と、介護の時にお世話をしたりレクリエーションをしたりした経験を活かせるということをアピールしました。
結果、どちらも採用して頂けました。

採用されて思うことは、介護に近い分野でもそうでなくても、介護福祉士をした経験が必ず活かせる部分があるので、転職を考えた時に何を活かせるのか考えておいた方がよいと思います。
また、なぜ介護福祉士をやめたのか?なぜ違う分野に挑戦するのか?ということも必ず聞かれます。
辞めたいと思った理由はマイナスのことが多いので、辞めたいと思ったよりも新しい分野への意欲、関心があったためとアピールする方がプラスのイメージができてよいと思います。
その為に、新しい分野について、ある程度面接でも語れるように勉強しておくことは必要です。

現在は、介護福祉士→幼児教室→保育園と転職し保育士をしています。
子どもができても無理なく働き続けることができ、転職して良かったと思っています。

Nurse to encourage wheelchair patients
20代/男性
20代男性です。
ヘルパーで利用者様宅で家事支援や身体介護を主にしていて、サービス提供責任者でモニタリング、ほかのヘルパー指示などもしてました。
また、第2種運転免許所持しており利用者の送迎をしており、ヘルパーのシフト作成などもしていました。

ただ介護福祉士として働いてましたが、それは本当にしたいものではなく、それでも仕事だから毎日働いていて、ある日利用者から若いうちしかできいないこともあるといわれて自分もそうと思ったのです。
介護福祉士は国家資格でありいつでも仕事に戻れますが、自分がしたいカーディーラーの営業は年齢制限がだいたい30歳前後までの募集しかなくて、そう思えば今しかできないことは何かと問い、転職活動を決めました。

複数転職サイトと転職エージェントに登録して、検索をかけカーディーラー、車関係の企業を探し応募。
私はカーディーラーか車関係をしたくて同時に車の勉強も始めました。
転職エージェントの人に面接対策をしてもらい、職務経歴書、履歴書添削サービスを受けて面接準備もしました。
またどんな質問でも答えられるようなイメージトレーニングもやりました。

そして、無事に新車販売、中古車販売などのカーディーラーの営業の仕事に転職することができました。
今は自分がしたい仕事ができているのでとても充実した毎日を過ごせています。

20代/女性
介護福祉士をやめて転職しようとしたのは、教育にかかわる仕事をしたかったからです。
理由は、20歳で介護福祉士の資格を取って専門学校卒業してこの業界に入り毎年いろいろ専門学校から実習生がきますが、介護の仕事はつらいといった印象だけ持って実習が終わったり、お年寄りと遊びに来てる感じの学生がいたり、働きながらやりがいをみつける概念がない介護福祉士が増えているという危機感があったからです。

転職先の希望条件は、介護福祉士を教えることができる短期学校で働きたいこと。
そして今まで月2回しか休日がなかったのですが、年間休日を守ってくれるところを転職時の希望条件にしました。
理由は、仕事を頑張るなら休日関係ないといったスタンスは変わらずあって、やはり体力的に休みがない日々はつらかったからです。
年齢も20代後半となれば若い時みたいに体力がなく、面接時は主張はしなかったですが休日数は重視しました。

転職先はリクルートエージェントに登録して紹介してもらいました。
なぜこのサイトかと言えば、周りの介護福祉士が転職時利用してたからです。

転職後の勤め先は介護福祉士のことを教えられる短期学校講師と決めていて、無事就職できました。
転職活動で工夫したのは1から勉強するつもりで働くといったことを主張したことですね。
やっぱり面接は、どうしてもここで働きたいと言った気持ちの部分が大事なようです。

Women are suffering while watching the smartphone

実際に介護福祉士からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 福祉人材センターバンクを利用する
  • 求人広告、求人雑誌を利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

介護福祉士のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

介護福祉士の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

介護福祉士の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。