介護職を辞めたい…!介護の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_119154812_Subscription_Monthly_M

介護の仕事をしているけど、

「もう介護職なんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいる介護職の人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くの介護職の人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも今の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいる介護職の方のために、

「介護職を辞めて他業種に転職成功した人」
「介護職のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

介護職を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_113794110_Subscription_Monthly_M

実際に「介護職を辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
現在私は施設で働いており、介護の同期が辞めて転職するとのことでした。
飲みにいくと色々と愚痴をこぼしていたのですが、介護の仕事よりも人間関係の愚痴が多かったです。

介護の仕事の考え方として「利用者のことを考えて仕事をする」人と、「効率重視、スムーズに仕事をこなす」人がいるそうです。
どちらも大事なことなのですが、考えが違うため意見の言い合いになったこともあるそうです。

利用者のために時間をかけるとその分業務が遅くなることもあり、効率を考える人たちは不満が多く、逆に利用者のためする人たちは「相手は人なんだからもっと気持ちを考えて」ということでした。
私的には両方の考えもバランスが大事なのではないと思うのですが、社会とはそんなに上手く行くものではありません。
友人も職場の人とたくさん話し合ったみたいなのですが、とうとう辞めることとなりました。

友人は介護の仕事は好きだったみたいなので、介護の仕事を求人している大手の転職エージェントに登録して仕事を探したそうです。
担当の方が色々と相談にのってくれたとのことで感謝していました。
今は自分にあった施設を見つけて仕事を頑張っています。
やはり自分と同じ考えをもって仕事をするのは大事ですね。

30代/男性
高校を卒業してから学校の紹介による介護施設で働き続けてきました。
休みも不規則、シフトで夜勤もあるなど最初はかなりきつかったですが、きれいごとではなく、本当に施設に入居されている高齢者の方やご家族の方から「ありがとう」といわれることがうれしくて頑張ってここまで10年以上働いてきました。

しかし、残念なことに給与水準としてはかなり低いものでほとんど昇給もしません。
実際に結婚をしたいと思ったのですが、彼女のほうが給料も多いし、これから二人で家を持ったり子供を育てていこうとするのはかなり厳しい現実です。
とはいえ、今の仕事以外になかなか新たな仕事を見つけるのも難しいところです。

そこで少しでも条件がいいところを探しました。
わたしのように10年以上のキャリアがあれば、現場のスキルはすぐに認めてもらえます。
それに加えて、シフトを組んだり採用を行ったりと、マネジメントも一部込みで条件がアップする施設がありました。

また、働きながら勉強してケアマネジャーの資格を取ればさらに昇給額も上がるとのこと。
これまでお世話になった施設には申し訳ないのですが、生活が懸かっている以上いたしかたありません。
転職エージェントを利用したところ、無事すぐに転職することができました。

Fotolia_119372288_Subscription_Monthly_M
30代/女性
新卒で特別養護老人ホームに22歳から25歳まで勤めていた現在30歳の女性です。
日勤と夜勤双方あり、特養に入居中の人の身の回りのお世話や、デイサービスに来る高齢者の応対などがメインの業務内容です。

この仕事を辞めたいと思った理由は、人間関係も良くないし夜勤もあるのに給料を時給に換算しても安いし、一人暮らしだから生活もきついし、やっと新しい人が来たと思ったらすぐに辞めてしまい、そのしわ寄せが来て夜勤で生活のリズムが崩れて身体的にも精神的にも限界が来たからです。
また、その当時の行きつけの整骨院の先生に、腰が限界に達する直前まで来ていると言われたので、20代にしてこれ以上腰痛を悪化させたくないと思ったのがきっかけです。

転職活動の前に、実家暮らしに戻るために引っ越しをしてからハローワークに登録して転職活動を行いました。
歯科助手か医療事務希望で実家から通えることが条件だったので、アルパやタウンワークやハローワークから求人を見つけて面接に挑んでいます。
転職先は初めは歯科助手だったけれど、1年で退職し、26歳からは整骨院で働いています。

転職してよかったことは夜勤がないので身体が楽なことと、日祝と平日1日が休みのため、友人達と休日が合いやすい点が良かったです。
一人暮らしから実家暮らしになったので、金銭的にも楽になり貯金もできるようになったことも嬉しいです。

上手く転職するためのコツは、似たような職種の仕事を選ぶことだと思います。
福祉と医療現場は似ているので、なぜそれに興味・関心があるのかを説明しやすいし、前職の経験が現職に繋がる可能性が高いからです。
自分の思いが相手の質問に対してストレートに相手に伝わりやすいはずです。
退職理由は志望動機よりも上手く伝えることが大切です。

30代/女性
31歳男性、介護老健施設で介護職を2年ほどしております。

介護職の内容としましては、主には入所者に対しての、排泄、食事、入浴の介助を行うことです。
仕事内容としては特に不満等はありませんでしたが、人間関係と給与面の低さが転職したい理由の一つとなりました。

人間関係は上下関係が非常に厳しく、少しでもミスをすればすぐに給与に響きますし、給与の減額の幅が相当大きなものでした。
給与が低くなればそれだけ日々の生活費も削られ、給与だけでは生活できなくなってきます。

介護職とはいえ、給与が保証されているところでの職場が理想でした。
そこで、転職活動を行うこととしました。

転職活動を行うために具体的にとった行動としましては、まずはハローワークに足を運んだことです。
そこで求人情報や転職サイトを見ながら、給与面や仕事内容を吟味しました。
転職先としては、再度介護職という同業種に就職することとしました。

転職して良かったことは、転職先が人間関係はそこまで悪くなく、給与面も問題ありませんでしたのでかなり満足しております。
うまく転職するコツとしましては、自分には合わないと思った時点で、転職を考えることも一つの手かと思います。

20代/男性
友人は22歳で介護士になりました。
介護の仕事は腰痛が辛いものの、業務内容はそれほど辛くはなかったようです。
昼勤務も夜勤務もしていました。
利用者さんは優しく、ありがたかったようです。

しかし、お給料が夜勤をしていても20万円に届くかどうかで、昇給もほとんどないことに将来の不安を感じたため、転職を考え出したようです。
やはり、男性はいつか家庭をもち、子どもができて大学に進学させる費用がかかることを考えると、昇給が見込めないなら転職を考えて当然だと思います。

そして、25歳で介護士を辞めて看護学校に入学しました。
看護学校では、3年間これまでの介護士での経験を活かしながら実習や座学などに励んだようです。

介護士から看護師になると、生涯年収が5000万円くらいの差がでると友人は言っていました。
それだけの差があるなら、転職しても仕方ないかもしれません。

そして、看護師免許を持っているとこの先ほぼ確実に仕事があります。
2050年には人口のうち65歳以上の高齢者が約40パーセントになると言われています。
どんどん需要が増えていきますので、安心感もあります。

このように、将来昇給が期待できる職場ではないと良い人材は長い期間は働いてくれませんので、経営者の方もそれを理解する必要がありますね。

Fotolia_137556324_Subscription_Monthly_M

実際に介護職からうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • ハローワークを利用する
  • 専門学校に通う

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

介護職のあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

介護職の人が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

介護職の人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【医療・医薬・化粧品業界の求人情報】
r-agent-site5

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は医療・医薬・化粧品業界のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。