アパレルを辞めたい…!アパレル販売員・ショップ店員の仕事が辛い(つらい)、会社をやめたい人の体験談と求人・転職方法のコツ

Fotolia_98230302_Subscription_Monthly_M

アパレル販売員やショップ店員として働いているけど、

「もうアパレルなんて辞めたい…。」
「今の職場の人間関係がしんどい…。」
「給料が低すぎて生活が苦しい…。」

「自分にはもっと合ってる仕事があるのでは…。」

と、今の仕事内容や職場環境に悩んでいるアパレル業界で働いている人は多いのではないでしょうか?

安心してください、多くのアパレルで働いている人があなたと同じような悩みを持っています…!

  • 職場の人間関係に疲れてしまった
  • もっと給料の良い仕事に就きたい
  • 仕事が忙しすぎてプライベートの時間がない
  • 体調の悪化で今の仕事を続けられない
  • 本当はやりたい仕事が他にある
  • そもそも接客の仕事が向いてない

などなど、色々な理由で今の仕事を続けるべきか、転職するべきかと悩んでいるかと思います。

今の仕事を辞めたいと悩んでいるアパレルで働いている人のために、

「アパレルを辞めて他業種に転職成功した人」
「アパレル店員のまま職場を変えて悩みを解決できた人」

のリアルな体験談とアドバイス、そして、
「転職に失敗しないための求人・転職活動の成功のコツ」
をご紹介します。

少しでも今の仕事に悩みがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

アパレル販売員・ショップ店員を辞めて悩みを解決した人のリアルな体験談とアドバイス

Fotolia_117461064_Subscription_Monthly_M

実際に「アパレルを辞めたい」と思って異業種に転職した人や、職場を変えて転職成功した経験者のリアルな体験談とアドバイスをご紹介します。

20代/男性
私は25歳の男性で、現在はアパレルとは全く違う企業で働いております。
前職では雑貨の販売をしておりました。
新卒で入社をし、2年半ほど副店長として勤めておりました。

転職活動を始めた理由は、入社時に求めるキャリアと異なるのを感じ始めたからです。
私は入社時から、雑貨販売の本社でマーケティング部に入るのを目標にしておりました。
当初の人事の案内では、新卒は本社で目標のキャリアに就けるからと言われていたのですが、そんなに甘いものではありませんでした。

新卒の先輩たちに相談したところ、本社に行ける人間は数年で1人いるかいないかの状態で、入れるかたは経験のある中途の方ばかりが現状でした。
このまま販売をやりながら来るか分からないチャンスを待つのか、 転職をして求めるキャリアの職に就くかを考え、思い切って転職活動を 開始しました。

転職活動は転職エージェントを利用し、 いくつかの企業で面接を受けました。
販売しか経験が無い自分でも応募することができたのは、 OEMなどをやっている小さい企業が主でした。

10社ほど応募をし、進んだのは7社程でした。
面接は一次~二次で、一次から社長や役員の方が面接官として出てこられるのが 多かったです。
面接内容は、ほとんどの企業が 『前職で取り組んだこと:趣味など自身のこと=7:3』の割合の内容で、 前職での仕事へのモチベーションと人柄を重視しているように感じました。

また、転職エージェントの担当の方は、募集に無かったとしても、 自分が気になった企業があれば、それを伝えると隠れた募集があるか調査してくれたり、その企業へ自身の事を強くアピールしてくれるなどもしてくれました。
担当の方へ転職への強い意欲を伝えるのは重要だと感じました。

アパレル以外も視野に入れ相談した結果、 最終的にはアパレルとは無関係の職種に転職しました(法律や化学に関わる仕事です)。
私は結婚を考えている相手がいたことから、出来るだけ安定した職に就ける事も理想としていたので、結果としてはかなり満足しています。

今回の転職で私が学び、感じた事は、
・アパレルの本社に行けるのは一握りである
・目指すのであれば、思い切って外に出るのも近道
・面接が小さい企業でも、社長などと話せるのでかなりためになる
・転職エージェントには自分の理想のキャリアをしっかり伝える
・転職活動を続ける内に、自身が求めているものが整理されてくる

ということを感じました。
何よりも自分の力だけでは今の転職先で働くことはできなかったと思うので、やはり転職のプロに相談して良い会社を見つけてもらうことが成功の鍵だったと思います。

20代/女性
大学を卒業してすぐの22歳の時から、大手企業が展開している20代をターゲットにしたカジュアルブランドに配属になりました。
販売員としての採用で、勤務地はデパートではなくショッピングモールでした。

大好きな洋服に接すことができるし、社割で服が買えるし楽しいと思っていたのですが、とにかく仕事が多くて残業が多い。
服の販売はもちろん、売上計算、在庫確認と発注、ショップレイアウト、ポップ作りといとまがありません。
体調を崩して辞めていく人が多い理由はここかと、閉店後遅くまで作業をしながら感じました。

また給与は平均的でしたが、売りたい商品や目玉商品は率先して着用しなければならないことで、給与の半分以上が被服代に消えていきました。
シンプルなデザインを主軸にしていたブランドでしたが、たまに、これを推すのか?と首をひねりたくなるような商品もあり、好みではない服にお金が消えていくストレス、全然貯まらないお金、友達と合わない休日、平日は寝ているだけの日々で辛かったです。

よくイメージされる女同士のドロドロの人間関係はなかったのですが、少しずつしんどいな、将来が見えないなとネガティヴな思いが募り、3年働いた25歳で転職を決めました。
転職活動は転職サイトを使いました。
とにかく週休2日で土日祝日が休みの会社で、少しでも給与が良い所をと探しました。

転職先はイベント会社の営業です。
イベントがある時は休日も出勤ですが、基本的には土日は休みが取れましたし、販売員という経歴はモノを売るという点で営業と同じだとみなされました。

また長時間勤務に耐えられる体力もかって貰えたようです。
販売員は常に接客をしているので、人とのコミュニケーションが取れる人材だと、他企業からは見てもらえます。
私の場合は人間関係はうまくいってたので、逆に愚痴を言い合ってた同僚を裏切るような後ろめたさがありましたが、自分の人生なので、嫌われても良い!という覚悟で飛び出す勇気を持って下さい。

/
20代/女性
22歳の女性です。
私は以前アパレルで2年働いていました。

人間関係も給料面も満足していたのですが、彼氏と同棲をすることになりました。
アパレル関係の仕事だと家に帰るのが遅くなる時もありましたし、平日にしか休みがありませんでした。
土日が休みな彼とは既にすれ違っていたのですが、一緒に住むと余計にすれ違うような気がして私は辞めることを決意しました。
同棲するからには彼にしっかり夜ご飯も作ってあげたかったですし、自分が犠牲になるような考えではなかったので少し残念には思いましたが潔く辞めることができました。

まだ結婚は考えていなかったので仕事を辞めるつもりはなく、次の職場を探しました。
転職サイトではないですがネットで求人をたくさん見ました。
ハローワークにも行ったのですが探すときりがありませんでした。
社員になることも考えていなかったのでパートで探していました。
そこで派遣社員になることにし、登録しに行けば近くの工場で働けるという風に書かれていたので登録に行きました。

簡単に登録できましたし、しっかりと面接にも派遣会社の方が同行してくれたので安心しました。
工場で働くことになってアパレルとは全く違う職種でしたが、意外と自分は細かい作業が好きでした。
土日も休みで彼とすれ違いもなくなり、17時が定時だったのでしっかり夜ご飯も作れました。

職場の人たちにも恵まれたので転職してよかったと思います。
転職は深く考えず自分の興味持ったことには素直に挑戦してみることがコツかなと思います。

30代/女性
35歳女性、アパレルショップの店員として働いた時の年齢は20歳で勤続年数は約2年でした。

仕事内容は主にショップに来店されるお客様への接客、販売で、その他に店内ディスプレイや在庫管理 なども行います。
元々ファッションが大好きで服を扱うお仕事はとても楽しかったのですが、店長の意向でしつこくお客様にお声掛けしなくてはいけない雰囲気があり、あまり自分から声をかけるのが得意ではなかったことと、たくさん声をかけると静かにゆっくり店内を見てもらいたい方に威圧感を与えてしまうと悩み、転職を決意しました。

また、休みが少ない割にお給料が安かったので、稼いだお金はお店で着用する服代でほとんど消えていきました。
将来のために貯金したいと思い、もう少し安定した収入が得られる仕事に転職したいと考えました。

転職するにあたり、全くの異業種を希望していたため、転職エージェントに登録をし、未経験でも雇用してくれる先を探してもらいました。
転職先は海外渡航事務です。
やることはたくさんありますが、自分のペースでコツコツできるので良かったです。

転職する際は、転職サイトや求人雑誌で自分で探すより、転職エージェントに登録して数ある中から自分に最適なお仕事を選んでもらう方が、転職への近道になると思います。

30代/男性
以前私は、とある衣料量販店に販売員として勤めていました。
その時は販売主任として、販売管理全般をみていました。
その仕事を辞めた理由は、仕事環境が悪かったこともあって体調を崩してしまったからです。
当時30代後半だった私は、本来であれば仕事をしながら転職活動をしたいところですが、そういう訳にもいかず、結局先が見通せないまま仕事を辞めざるを得なかったのです。

転職活動のときは、主にハローワークを利用しました。
ほかにも、地元の求人誌やネットを通じて職探しをしてみましたが、なかなか良い求人情報はありませんでした。
ところが、またアパレル販売の仕事に就きたかった私は同じような職を探しましたが、アパレル販売の男性求人がほとんどありませんでした。
しかしながら、一から違う仕事に就きたくなかったので粘り強く探したあげく、ようやく希望の職場に転職が決まったのです。

その仕事は、以前働いていた職場と同じ職場形態をしていました。
仕事内容もほとんど一緒です。
新しい人間関係の中にあって、自分の立場を落とすことなく、そして、慣れた仕事に就けたことは幸運だったと思います。

今、アパレル販売の仕事をしていて転職を考えている方は、できるだけ同じ業種の同じ職種を選ばれたほうが良いと思います。
同じ販売の仕事でも、違う業種を選んで一から苦労している人は沢山います。
男性求人は特に少ないかもしれませんが、諦めなければ必ず見つかるはずです。
頑張ってください。

Fotolia_141588272_Subscription_Monthly_M

実際にアパレルからうまく転職できた方法としては、

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • ネットの求人情報を利用する
  • ハローワークを利用する

という方法で、希望の転職先に転職できたようですね。

ただし、実際には転職活動を始めてみても、理想の転職先がなかなか見つからなかったり紹介してくれなかったり、希望の転職先の会社の採用が通過できなかったり、思うように転職活動が進まないケースは意外と多いです。

また、運良く転職先が見つかり働き出しても、

  • 仕事内容が思っていた内容と違っていた
  • 給料や休日が聞かされた内容と違っていた
  • 希望の部署に配属されなかった
  • 上司や同僚が好きになれない
  • 残業が予想以上に多かった

など、実際に働き出してみると想像していた会社像や契約内容とは違っていて、

「これなら転職しないほうがマシだった…。」

など転職を後悔してしまうパターンも意外と多いのが現実です。

やはり、できることなら転職を繰り返したくないですし、転職活動をするからには希望の会社に入りたいですよね。。。

では、どのように転職活動を行えば「理想の転職先」を見つけることができ、「自分が納得のいく転職活動」ができるのでしょうか?

アパレルで働くあなたにオススメの転職方法は、

転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

アパレル販売員・ショップ店員が転職エージェントを利用して転職活動を成功させる方法

change-job11

アパレルで働く人にオススメの転職方法は「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは、転職のプロがマンツーマンで転職者をサポートすることで、一人一人の経歴やスキルや性格に合った転職先を見つけることができ、実際の会社の内情や今後のキャリアプランまで、転職活動に必要な様々な情報を教えてもらえ転職活動を成功へと導いてくれます。

転職エージェントの特徴としては、

  • ネット上にある求人情報には出回らない優良な非公開求人が非常に多い
  • 実際に会って相談できるので、個人の経歴や性格を加味して転職先を提案してくれる
  • 業種ごとの履歴書の書き方のコツや面接突破の対策方法なども親身に教えてくれる
  • 転職先の具体的な仕事内容や、働いている社員の人柄も事前に教えてくれる
  • 登録料や利用料などが全て無料で利用できる

など、転職エージェントを利用することで、自分一人では見つけられないような理想の転職先を見つけることができたり、実際に働いた後のギャップを可能な限り無くすことができるため、「異業種への転職」「同職種での転職」の場合でも、ほとんどの人が納得のいく転職活動ができている実績があります。

もちろん、転職サイトや紹介などで理想の転職先に転職することは可能ですが、転職エージェントを利用した場合と比べるとそもそもの求人数が少なく、またHP上でしか会社の実情がわからないため、実際に働いてみると「予想していた会社とは違っていた」というケースがどうしても多くなってしまいます。

転職してすぐに再度転職活動をするのはやはりなかなか難しいため、失敗しない納得のいく会社に転職するためにも、転職エージェントを使った転職方法が一番オススメなのです。

そして、転職エージェントの中でも最もオススメなのは、運営会社が最も有名で最も実績のある「リクルートエージェント」です。

r-agent10

リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職成功実績No.1の最大手の転職エージェント」です。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上もあるため、リクルートエージェントに登録しておけばほとんどの求人情報は網羅できます。

⇒おすすめの転職エージェントランキングTOP3を見てみる

また、

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 本当はどの仕事がしたいのか分からない
  • 企業を見分けるポイントが分からない
  • 在職中で時間が取れない

など、転職者によくあるような悩みも、多くの転職者を見てきたキャリアアドバイザーの方がマンツーマンの面談をすることにより、自分のアピールポイントをより明確化してもらえ、自分が「本当にしたい仕事」本当に働きたいと思う会社」を選定してくれます。

また在職中で忙しい人でも、平日の夜や土日など、都合の良い時間に面談を行ってくれるため、どのような人でも利用できるのも嬉しいポイントです。

実際のリクルートエージェントのサイトでの検索結果画面はこのようになっています。

【流通・飲食・消費財・店舗サービス業界
の求人情報】
hairdresser1

もちろん公開求人数も数多くありますが、リクルートエージェントは75%以上が非公開求人のため、実際には公開されている求人情報と比べると圧倒的な数の非公開求人情報があり、その中からアドバイザーの方が転職希望者にあった最適な転職先をリストアップして提案してくれます。

また、上記の検索結果画面は「流通・飲食・消費財・店舗サービス業界」のため、他業種を希望している場合はさらにより多くの求人情報・非公開求人情報が出てきます。

一般的な転職サイトに載っている求人情報と比べ、実際には公開されていない非公開求人情報の方が圧倒的に多いということはあまり知られていない事実なのです。

ですので、圧倒的な非公開求人情報を持っているリクルートエージェントで理想の転職先が見つからなければ、

「他の転職方法ではなかなか理想の転職先は見つけられない」

と言われているほど、リクルートエージェントの求人情報量は多く、利用したほとんどの人が理想の転職先に就職できている実績があります。

登録方法も以下のような簡単な登録フォームを入力するだけで完了するため、3分ほどの作業で登録できます。

r-agent9

もちろん、利用料も全て無料のため、キャリアアドバイザーに現職の悩みやキャリアプランを相談したり、求人情報を見るだけといった使い方もできます。

一人で悩まず、まずは軽い気持ちでもいいので転職のプロに相談し、自分にとって「本当にしたい仕事」「本当に働きたい職場」を見つけていきましょう。

少しでも今の環境が辛い、仕事を変えたいと思うなら、まずはお試しでも大丈夫なので登録して相談してみましょう。

きっと今悩んでいることについて的確にアドバイスをもらえるでしょう。

転職は若ければ若いほど転職先の選択肢も増えるため、いま少しでも転職の事を考えているなら、1日でも早く転職活動を始める事をオススメします。

一人で悩むのは今日までで大丈夫です。

今日からできる「自分らしい働き方のきっかけ作り」をはじめてみましょう。

⇒転職実績No1のリクルートエージェントはこちら

 

 

【掲載中の口コミについて】

本記事に掲載中の口コミは、全て当サイトがリサーチしていますが、一部にはクラウドソーシングで集計したものもあります。退職や転職のきっかけとなるユーザー意見のひとつとしてご参考ください。